子供に体操を習わせるメリットは?いつから始める?かかる費用は?

子供が幼稚園入学や小学校入学の時期になると「そろそろ何か習い事を始めようかな」と色々な習い事について調べ始めますよね。

そんな習い事を探しているお父さんお母さんにオススメしたいのが「体操教室」

まだまだ体が柔らかい小さい頃から体操を通じて体感や基礎的な身体能力を鍛えることで運動神経が向上し、将来他のスポーツを始めた時にも役に立つと言われています。

今回は習い事候補の一つとして体操を理解するために、体操を習うことのメリットや気になる費用などを紹介!ぜひ、チェックしてください!

友だち追加

体操教室、何歳から通わせる?

体操教室の受け入れ年齢は、3歳頃からの教室がほとんど。先生とのコミュニケーションや一人で練習できるようになるのが条件になっています。

また、3歳頃は子供の基礎的な体力もついてきて、これから運動能力がどんどん伸びる時期です。だからこそ、体操のような基礎的な身体能力を鍛える体操教室は初めての習い事にもぴったり。

赤ちゃんから始められる教室も?

教室によっては生後4ヶ月頃の赤ちゃんから通い始めることのできる教室もあります。

赤ちゃん向けの教室では飛び箱やトランポリン、平均台などの体操競技よりも、簡単なリズム体操や歩く、走る、転がす、投げるなど基礎運動能力を伸ばす運動がほとんどです。

中には親子で参加できるプログラムなども提供されていることもあるので、赤ちゃんとのスキンシップをとるためにもオススメです。

習い事に体操を選ぶ4つのメリット

ここでは、子供の習い事に体操教室を選ぶことのメリットを紹介。体幹を鍛えたりバランス感覚を養うなど体操教室ならではのメリットも!

1. 基礎的な体力をつけて健康的な体に

まず1つ目のメリットは、子供の健康的な体づくりに役立つということ。

これは体操に限らずどんなスポーツにも言えることですが、小さい頃からスポーツを通じて体を鍛えることで体力がつきます。体力がつけば風邪などの病気にかかる可能性も低くなり日々元気に過ごすことができます。

特に赤ちゃん向けの体操教室では、基礎的な体力づくりに焦点を当てている教室も多いので「まずは体力をつけて元気にすくすく成長してほしい!」と考えているお父さんお母さんにも嬉しいメリットですね。

2. どんなスポーツにも通じる基礎的な身体能力が身につく

2つ目のメリットは、どんなスポーツにも役に立つ基礎的な身体能力が身につくこと。

体操は基本的な体の使い方やバランス感覚、体幹などをしっかりと鍛えることができます。これらの能力は、サッカーや野球、バスケ、テニスなど将来的にどんなスポーツをすることになっても重要になってくる基礎能力です。

幼い頃から自分の体の使い方を覚えることで運動神経も向上し、子供もスポーツをすることが楽しくなって好きになってくれるようになります。好きになれば自分で積極的に取り組んでどんどん上手くなっていくので、最初のスポーツ系習い事にも体操教室はオススメ!

3. 順番を守るなど社会性が身につく

3つ目のメリットは、集団の中で生活するための社会性が身につくこと。
体操教室では子供に専属のトレーナーがついて指導をするのではなく、何人かの子供が一緒に練習をすることになります。だからこそ、跳び箱の順番待ちや用具の片付けなど、みんなと協力しないとやっていけません。
こういった社会性は大人になってからも当たり前のように必要になるので小さい頃から学んでおくのは大切ですね。

4. 諦めない力が身につく

4つ目のメリットは、途中で諦めない力が身につくこと。

跳び箱や逆上がりなどを初めから上手くできる子供は多くありません。

どんなに最初はできなくても、諦めず練習をすることで飛べるようになり、子供も「やれば出来るんだ」と自分に自信を持つことができます。諦めないで何かに取り組む経験は、将来何か壁にぶつかった時に諦めないでやり抜く際に活きてくるはず!

体操教室にかかる費用はいくら?

子供の習い事選びで忘れちゃいけないのが、お金に関する話。

月にどれくらいの費用がかかるのかはやっぱり気になります。

体操教室の月謝は5,000円から?

体操教室の月ごとの費用は約5,000円〜8,000円ほど。

もちろん、子供の年齢やコース、教室によって料金は前後します。候補の教室がある場合には事前にHPをチェックしたり問い合わせをして、しっかりと費用を確認してくださいね。

月謝以外にかかる費用は?

体操教室には、月謝のほかに保険加入の費用がかかってきます。やはりスポーツである以上、ケガをする可能性は0ではありません。だからこそスポーツ保険への加入がほぼ必須になってきます。

その他には、ユニフォームの料金や長期休みの合宿代などの費用がかかる教室も。

無理のない範囲でやりくりするためにも合宿の有無なども事前い把握しておきたいですね。

体操を習って柔軟な体づくりをしよう!

子供の習い事に体操を選ぶことのメリットや必要になる費用などを簡単に紹介してきましたが、体操教室に関するイメージは膨らみましたか?

最初は全然跳び箱を飛べなかった子供が、一生懸命練習をして飛べた瞬間は感動モノです。体操に興味を持ったら、まずは体験教室などを通じて子供に体操を体験させてみてください!

友だち追加