小学生に英語の塾は必要?どんな塾がおすすめ?

2020年から小学校でも英語が必修化される事を受け、今教育業界で英語が注目されています。幼少期から子どもの英語教育には力を入れているというパパママも多いのではないでしょうか?

そこで今回は小学生に英語の塾が必要か否か、必要であれば、どんな塾がおすすめなのか、という問題について考えてみたいと思います。

目次
友だち追加

どうして子どもの英語力が重視されているの?

そもそも、なぜ現在子どもの英語力が重視されているのでしょうか?理由は大きく分けて2つあると言われています。

グローバリゼーションの進展

これは私達も実感できると思います。例えば、アメリカ発のサービスであるアマゾンは通販サイトとして日本でも大きな存在感を放っており、企業の進出に国境がなくなってきました。

そのような時代では労働市場においても、英語力が重要視されることになります。

2020年から新しい学習指導要領が施行され、小学校で英語が必修化されること

つまり、成績表に英語の成績がつけられるということです。これに伴い、受験における英語の重要度も増すと言われています。

以上2つの観点から子どもには今後更に高い英語能力が求められるということが予測されているそうです。

小学生に英語塾は必要?

小学生を英語の学習塾に通わせる必要は本当にあるのでしょうか?

結論からいうと、それは子どもに英語を習わせる目的によりけりです。さっそく子どもに英語を習わせる目的を見ていきましょう。

中学校の授業についていくのが目的の場合

この場合は英会話塾ではなく、英作文法中心の塾に通わせるべきです。

というのも、中学校では英語の「スピーキング」能力ではなく「ライティング」能力、「リスニング」能力の方が重視されるからです。

今後学習指導要綱の変更でそこは変化するかもしれませんが、今後英語を習っていくうえでこの2つの能力を無視して通ることは不可能なので今のうちにやっておいて損はないでしょう。

公文・Leptonなどがおすすめ!

中学校の授業についていくのが目的の場合は、公文・Leptonといった塾がおすすめです。2社は英語の「ライティング」能力を重視した授業を行っています。

しかし、高い自主性が求められるので勉強への意欲が低い子どもには不向きです。

英語能力の向上が目的の場合

この場合は、「英会話」を重視した塾に通うのが適しています。

ECCJr、COCO塾Jr、ベルリッツなど

英会話を中心とした塾ということで、ECCジュニア、COCO塾Jrなどがおすすめとなります。

塾以外の選択肢

もちろん、英語能力の向上のためには「英語塾」以外の選択肢もあります。以下で具体的にみてみましょう。

留学

小学生で留学?と思うかもしれませんが、小学生向け留学プログラムは意外と充実していて、最近では親子留学が流行っているそうです。

留学といっても様々な種類があり、

  1. サマースクール
  2. 親子留学
  3. ホームステイ
  4. 単身留学(ボーディングスクールの利用)


など様々です。

しかし、小学生の単身留学はかなり難しく、ビザが降りない場合が多いので気をつけてくださいね!

留学はもちろん費用が掛かりますが、高い英語能力を身につけられる確率はグンとアップします。

インターナショナルスクール

日本国内にいながら留学したのと同じ効果を得られるのがインターナショナルスクール。授業は全て英語で行われるので自然と英語能力が向上します。

さらに、学校の制度もアメリカに合わせており、枠にとらわれない個性的な子に育てたいパパママにもおすすめです。しかし、学費が高いので注意が必要です。

英語塾を選ぶときに見るべきポイント8選

1.レッスン形態はグループ?マンツーマン?

レッスン形態がグループなのか、マンツーマンであるのかを必ず確認しておきましょう。

特に引っ込み思案で人見知りの子どもの場合はグループレッスンだとなかなか発言できず、あまり英語が上達しません。子どもの性格を考慮してこの2形態のうち、ふさわしい方を選ぶようにしましょう。

2.カリキュラムはしっかりしてる?

英会話教室のカリキュラムをしっかり確認することも重要です。

リーディング、スピーキング、リスニング、ライティングの4技能の習得計画や、英検等の受験スケジュールもしっかり組まれていると、きちんとした英会話教室であるということが出来ます。

3.先生はネイティブ?

先生がネイティブであるか否かも子どもの英会話にとっては重要です。

幼児期はせっかく英語耳を鍛えることができる時期。できるだけネイティブの先生がいる英語塾を選んであげましょう。

4.体験教室・レッスンは3つ以上行った?

体験教室・レッスンは3つ以上行って教室をきちんと比較するのが好ましいです。最初に行った英語教室に欠点が見当たらないという場合でもそれは当てはまります。

なぜならば、2つめの教室には、1つ目の教室には無いような素晴らしいメリットがあるかもしれないからです。

相性の合う先生を見つけるためにも、少なくとも3つ以上は体験教室に行くことが重要です。

5.先生と子どもの相性は?

先生と子どもの相性は非常に重要です。この部分が悪いと子どもの学習意欲・通塾意欲が低下してしまい、なかなか英語力が伸びません。

体験レッスンが終わった後は必ず子どもに先生の印象を聞きましょう。ここでネガティブな発言が返ってくるようだと他の先生を当たった方が良いかもしれません。

6.年齢別ではなくレベル別の授業であるか?

年齢が大きくなってくると重要になってくる要素です。

年齢別で授業をしていると、どうしても英語の出来る子はレッスンにやりがいを感じられなくなってしまいます。また逆に英語が苦手な子は、ますます苦手意識を膨らませてしまうことになります。

そういった事態を回避するためにもレベル別の授業を導入している教室がふさわしいでしょう。

7.何を中心に教えているのか?

教室によって、英語を教える教育方針に違いがあります。

A教室ではドラマを通じて、スピーキング・リスニング能力の向上を計っています。

一方でB教室ではテキストブックと先生とのコミュニケーションを通じてリーディング・ライティング・リスニング・スピーキングをバランス良くとることを目標としています。

どちらが良い・悪いと思うのは家庭の教育方針次第です。その教室の英語教育方針もきちんとチェックしておきましょう。

8.教室の清掃がきちんとされているか

最後は意外と見逃しがちな一点です。

教室内が汚く、清掃がきちんとされていないようだとその英会話教室は運営に余裕がないのかもしれません。

清掃に手がまわらないくらい教師やスタッフが忙しく、授業にも手が回っていない可能性が高いでしょう。

体験レッスンに行った際は教室内部のチェックも欠かさずに行ってくださいね!

英語は一朝一夕で身につかない!

英語能力は一朝一夕では身につきません。小さい頃からコツコツ学習することが大切になりますが、どの教室がいいのかは各家庭によって異なってきます。

コドモブースターでは、英会話スクールの検索を行うことができます。

体験レッスンの申し込みも行っていますので、自宅から近い教室やカリキュラムが魅力的な教室など、各家庭の教育方針に合った教室に巡り合うために、一度体験レッスンに行ってみてくださいね!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す