英語の発音は子供時代に身につける?フォニックス学習法も紹介

多くの日本人の方は、英語を聞く・話すことが苦手ですよね。
理由の一つに、英語と日本語の発音が全く違う、ということが挙げられます。

では、具体的に何が違うのでしょうか?
また、早い時期から学ぶことで身につくものなのでしょうか?
今回は、その点について詳しくご説明します。
また子供時代に身につけておきたい発音の勉強法を、特にオススメの「フォニックス学習法」を中心にご紹介しますので、是非、お子さんの英語学習の参考にしてください。

キャンペーン終了まで、あと13日!
友だち追加

英語の発音にも種類がある?

英語の発音の種類ですが、大きな分類としてアメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語などが存在します。
例えばアメリカ英語を習った人は、イギリス英語の発音が聞き取りにくいと感じることがあるようです。

でも、安心してください。「聞き取りにくい」のであって、「聞き取れない」わけではありません。
アメリカ英語も、イギリス英語も・・と発音の数だけ覚えなければいけないわけでもありません。
完璧にいずれかの英語の発音をマスターせずに、ジャパニーズ英語であっても、十分伝わる英語を話すことが可能です。

日本語と英語の発音はなにが違う?

日本語で使われている漢字は、1つ1つの文字が意味を持つ言葉です。
漢字の読み方を間違えても、文字から意味を連想することができます。これを表意文字と呼びます。

一方、ひらがなや英語は1つ1つの文字には特に意味がなく、音に意味があります。これは表音文字と呼ばれます。
日本語は漢字とひらがな、つまり表意文字と表音文字を併用していますが、表音文字だけを使う英語は、
音がとても重要な言語で、聞こえた音によって全く違う意味に捉えられてしまうこともあります。

また、日本語の単語は、「ん」を除いて、母音で終わる音ですよね。「おと」は「O・TO」でいずれも母音で終わっています。
一方、英語は子音+子音のように子音で終わる単語が非常に多いです。
この音の出し方が日本人には難しく、英語を苦手にしてしまう原因といえるでしょう。
日本語で使われる音に対して、何倍も英語の音の種類は多いのです。その音をすべてマスターするのはとても大変ですね。
早いうちから英語に触れて、発音に慣れさせたいと考えられているのは、そのためです。

英語を話すためには、舌の位置に注意が必要です。あごを大きく動かして、強い息を吐いて話すことが重要です。
日本語を話すときの息よりもたくさんの息を使っています。
日本語と英語では、息の使い方や口・舌の動きが全く違うのです。

さらに、ネイティヴが英語を話すときには、息継ぎをほとんどしていません。
息が続く限り、単語を並べ続けるのです。そのため単語と単語はつながって聞こえることがあります。
逆にみなさんが日本語を話すときは、意識はしていなくても、何度も息継ぎをしていますよね。

英語の発音は子供時代じゃないと身につかない?

こんな風に、根本的に英語と日本語は違いが多いため、英語の発音を学ぶには子供時代が有利です。
もちろん、大人になってから勉強し、英語の発音を身につける方もいるので、できないわけではありません。
ですが、小さい頃に比べると、苦労するのは大人の方だと言えるでしょう。

ネイティヴと同じきれいな発音を身につけたいと考えるのであれば、英語に触れる時期は早ければ早いほど良いと言えます。
0歳から3歳の間に、シャワーを浴びるように英語を浴びさせてあげれば、英語の発音をすんなり身につけることができるでしょう。

また、幼児のころの吸収力は、日本語においてもすさまじく、この頃に英語の発音を学び初めても、遅くはありません。
苦労することなく綺麗な発音で話せるようになり、英語で会話を成立できるようになります。まさに英語学習の黄金期です。

では、小学生ではどうか?と言いますと、日本語の発音がかなり上手になっている頃なので、少し戸惑いは出てくるでしょう。
ですが、10歳頃までに発音の勉強を始めれば、ネイティヴに近い発音がしやすくなります。

子供向け、綺麗に英語を発音するための練習法

では、子供が綺麗に英語を発音するためにはどのような練習をするのが効果的でしょうか。
家庭でも簡単にできる練習法や、工夫をいくつかご紹介します。

英語のCDやDVDを聴いたり観たりする

英語は音が大切な言語ですから、英語のCDやDVDを聴いたり観たりすることが効果的です。
子供が興味を持ちそうな物語や、好きなキャラクターが出てくるお話が飽きずに取り組めておすすめです。
勉強する!と肩に力を入れることなく、英語でお話をただ聞き流すことが重要です。

子供が英語を話したら褒める

子供は覚えたフレーズをすぐに使ってみたくなるものです。
多少発音があれ?と思ってもすぐに訂正するのではなく、言えたことを褒め、もっと話したくなるように促してあげることが重要です。
最終的に間違えて覚えてしまっては、と不安に思われるかもしれませんが、何度も繰り返し聴くこと、
話すことを行っている間に自然と修正されていくので、小さい頃から完璧を目指す必要はありません。
たくさん褒めて、成功体験をさせ、英語を話したくなる環境を作ってあげましょう。

毎日英語に触れる機会を作る

たとえ10分でも構いません。毎日1回、英語に触れる環境を用意してあげてください。
用意したCDやDVDを使うのも良いでしょう。テレビの英会話番組を見せるのも効果的です。
慣れてきたら英語のニュース番組を流しておくのもおすすめです。
ただ、毎日英語に触れることが重要です。

子供の発音練習にはフォニックス練習法が効果的?

子供に英語の発音を教えるときに、英語圏ではフォニックス勉強法が用いられています。
最近は日本の英会話スクールや、小学校でもフォニックスを導入する学校が増えてきました。
フォニックスは、アルファベットの文字が持つ名前ではなく音を覚えることで、単語の発音ができるようになるルールです。
このフォニックスのメリットで、多く言われているのは、はじめて出会った単語でも、
ルールに当てはめることで読める単語が多いことだと言えます。

また、アルファベットの音を覚えるので、発音が良くなります。いわゆるカタカナ英語ではなくなり、
ネイティヴの発音に近くなるのはメリットですね。
さらに、フォニックスのルールを覚えることで、英単語のスペルを覚えるスピードが速くなります。
それにより、英語の能力向上が期待できるでしょう。

ここで、実際にフォニクス練習法を用いた動画をいくつかご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

日本人のためのフォニックス・トレーニング【子供用・大人用・反復練習】

これは、日本人向けに作られたフォニックス練習法です。
お子さんはもちろん、お父さん・お母さんの練習にも活かせることがたくさんあります。
発音のコツも紹介されているので、この動画を毎日見るだけでも、フォニックスの発音ルールを覚えることができるでしょう。

元気イングリッシュの5分フォニックス

ネイティヴがフォニックスの発音ルールを紹介してくれる動画です。フォニックスのルールだけでなく、
ネイティヴが話す発音を直接聞くことができるのでおすすめです。
空き時間ができたときに、気軽に、好きなところから聴くことができることも、おすすめの理由です。

A~Zまで ABCフォニックスの歌集め

子供が見て楽しい、フォニックスのルールを使った歌を集めた動画です。
アニメーションがわかりやすく、見ているだけでも楽しめるのが特徴です。
ストーリーを楽しんでいる間に、フォニクスのルールも理解できてしまうなら、見る価値がありますよね。

本物の英語に触れるのも綺麗な発音への近道

英語の発音は、毎日少しずつ勉強できることが理想です。
せっかく覚えた発音も、使わなければだんだん忘れてしまいます。
特に日本語とは発音のルールが全く違うため、日本語しか話さない環境では仕方がないことなのかもしれません。
毎日少しずつでも、英語に触れることを意識したいですね。

そのとき、発音をより綺麗にしたいと考えるなら、やはり本物の英語に触れる機会を作ることが重要です。
語学留学ができれば良いですが、まだ小さい幼児や小学生が留学するのも難しく、費用もかかってしまいます。
できれば日本にいながら、ネイティヴの英語に触れたいと思いますよね。
そんなときは、小学生向けの英会話を習うことがオススメです。
スカイプを利用したオンライン英会話や、教室に通う英会話教室などの選択肢があります。

これで子供もネイティヴのような発音に!

子供たちが、楽しく学んで、綺麗な発音で英語を話せるようになったら素敵ですよね。
日本人、外国人と線を引くことなく、ネイティヴのような発音で、世界中の人とコミュニケーションができる、
そんな子供に育ててあげたいですね。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと13日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと13日!