足の内側でしっかり水を押そう!平泳ぎのコツ【コーチに聞く!スイミング上達のコツ】

クロールが泳げるようになると、次にチャレンジするのが平泳ぎ。クロールは自己流でもなんとかなりそうだけど、平泳ぎだけはきちんとスイミングスクールで教えてもらいたい!というパパママも多いのではないでしょうか。平泳ぎは、一体どんなところが難しいのでしょう?平泳ぎを上手く泳ぐコツとは?

そんなスイミングに関する悩みを解消する「コーチに聞く!スイミング上達のコツ」。「水慣れ」「水浮き」「バタ足」「クロール」と取り上げてきましたが、最終回の第5回のテーマは悩み多き「平泳ぎ」。たくさんの子どもにスイミングを教えてきた、メガロスクロス町田24のスイミングコーチ 小松コーチに「平泳ぎのコツ」を教えてもらいました。

キャンペーン終了まで、あと11日!
目次
友だち追加

上手な平泳ぎのコツ

平泳ぎを上手に泳ぐコツは次の3つ。

1.つま先は常に上げた、反らせた状態で蹴り、足の内側でしっかり水を押す
2.手は身体の前でかいて前に出すことを意識する
3.足と手のタイミングを合わせる

1.つま先は常に上げた、反らせた状態で蹴り、足の内側でしっかり水を押す

平泳ぎは、よく蹴り出しのときに足首が伸びてしまう子がいるのですが、つま先を常に上げることがポイントです。蹴り出したときも足首とつま先は上げた状態、反らせた状態で蹴る、ということですね。足の内側でしっかり水を押すというのがコツです。

練習方法としては、まずは、足の形を意識するために、足首を一回上げてもらいます。今まで、バタ足などでは足の甲で水を蹴っていたのを、今度は足の内側、足の裏側で蹴るんだよと。それで一回足首の形を確認してから、立ってでも、腰掛けてでも良いのですが、その場で、平泳ぎの足の動きを練習します。

平泳ぎの足は、次のように動かします。

1)「いち」:足首を上にした状態で、足をちょっと開きながらひざを曲げる

2)「にい」:足を横に伸ばす。その時足首は反らせたままであることを意識するため、一度止める

3)「さん」:足を閉じる

※1)に戻って繰り返す

この練習をまず陸上でして足の動きが覚えられてから、水中に入って練習します。

腰掛け、腹ばいキックなどで水を蹴る練習をしてから、ビート板を持って、平泳ぎのキックだけで進む練習をします。足を引きつけたときに腰が下がって、沈んでしまう子がいるので、腰にスイムヘルパーを着けて、少し浮かせた状態でキックの練習を行うこともあります。

はじめは「いち、にい、さん、いち、にい、さん」と区切りながらしっかり形を意識させて、それに慣れてきたら、「いち、にーい。いち、にーい。」という感じで、「いち」で足を引きつけて、「にーい」で伸ばす、という形で練習をしていきます。

また、平泳ぎは姿勢が大切なので、足を閉じた後の姿勢で、お腹をのばしてそのまましばらく蹴伸びをする、という練習もします。

2.手は身体の前でかいて前に出すことを意識する

手の使い方では、ひじを曲げてかきすぎる場合があるので、体の前でかいて、前に出すというのを意識すると良いと思います。

また、水面をなでないように、きちんと水をかけるように、少し手の平を斜めにして。下側に水をおさえてからかいて、前にだす。という流れです。斜めにして、押さえて、かいて、前へと、いう感じですね。水を押さえるというのがコツです。

3.足と手のタイミングを合わせる

そして、最後に手と足の動かすタイミングです。

1)手でみずをかく 「てーー」
2)足でキック 「キック」
3)2秒ぐらい伸びる
(1に戻る)

「てーーキック、てーーキック」というタイミングです。ただ足のキックが終わってから、また手でかくなので、それをすぐやってしまう子も出てきます。ですから、キックをした後は、手でかく前に2秒ぐらい伸びる、というのを意識すると良いでしょう。

親子でできる平泳ぎの練習方法

布団の上でキックの練習

布団の上でうつ伏せになって、平泳ぎキックの練習をしましょう。足首を曲げた状態で、ひきつけて、足首を曲げた状態で伸ばして、戻す。足首を意識して行います。

お風呂で腰掛けキック・手の練習

お風呂の縁に腰掛けて、腰掛けキックの練習もしてみましょう。水面に顔を着けながら手で水をかく練習をして、顔をあげるタイミングの練習をしても良いですね。

パパママはきちんと足首を曲げられているか、手で水をかけているか、チェックしてあげましょう。

かかと歩き

足首の形を覚えるために、つま先を上げ、かかとで家の中を歩いてみましょう。

メガロススイミングスクールの「平泳ぎ」指導は?

――スクールではどのように指導していますか?

平泳ぎは、まずは足、キックの練習から始めます。

そこから、姿勢がまっすぐ取れているか、スムーズにすすんでいるかを確認したら、次は手だけの練習に入ります。それができたら、手と足を組み合わせて、タイミングの練習、平泳ぎの練習という流れになりますね。

平泳ぎは、やはり習得するのに苦労する子が多い泳法です。その中でも、足の動き、キックでつまずく子が多いですね。

キックのタイミングも、ずっと同じペースではなく、開いて閉じるときは、早く閉じて、そのあとけのびでのびる、というリズムをつかんでもらう。先程言った、キックの時に足首が伸びてしまうのも、進みが悪い原因になりますね。

メガロスキッズスイミングスクールで、上手に平泳ぎができるようになろう!
体験の申し込みはこちらから
【連載】コーチに聞く!スイミング上達のコツ

●第1回 水を怖がらない子にしたい!水慣れのコツ

●第2回 どうやったら水に浮くの?水浮きのコツ

●第3回 お魚気分で柔らかく!バタ足のコツ

●第4回 手で水をしっかり押そう!クロールのコツ

●第5回 足の内側でしっかり水を押そう!平泳ぎのコツ(本記事)

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと11日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと11日!