子供に英語を教える時のコツ5選!英語が苦手なママパパでも簡単にできる!

2020年には小学5年生からの英語の授業がが正式教科になるなど、今『英語』が教育業界においてひとつのトピックになっています。そして、中学・高校・大学入試や、就職、ビジネスの場面など、今後、あらゆる場面で英語がさらに重視される傾向が加速するでしょう。

とは言え、「自分は英語ちょっと……」というパパママも大勢いらっしゃるはず。そんなパパママたちも、ぜひとも子どもには英語ができるようになって欲しい!と願っている方がほとんどだと思います。

そこで今回は『子どもに英語を教える時のコツを5つ』紹介します。いずれも、親の英語力自体はあまり問われない物となっていますので、英語が苦手なパパママでも安心してくださいね。

キャンペーン終了まで、あと11日!
目次
友だち追加

親が英語苦手でも大丈夫?

小さな子どもに英語を教えるうえで、親の英語力自体は実はあまり関係がありません。なぜならば、幼児向け英語教育では親は英語を話す必要がそれほどないためです。英語耳に育てる上で大切な聞き取りは、絵本の読み聞かせの際はCDを活用することでネイティブの英語を聞かせることができます。

親子間のコミュニケーションは英語学習のうえでとても大事になってくるので、英語が苦手でもパパママは積極的に英語学習に参加してあげてください。子どもが安心感をもって英語に触れられることが必要です。

何歳から英語教育を始めればいいの?

あまり早い時期から英語を教えると、本来の母国語である日本語がおろそかになってしまいそうですよね。一体どのくらいの時期から英語教育を始めればいいのでしょうか?

それは、脳や聴力の成長が著しい3歳までに始めると英語脳を育てるのに役立つと言われています。しかし成長には個人差もあるので、子どもの発達を見ながらタイミングは決めるとよいでしょう。

子供に英語を教える5つのコツ

子供に英語を教える時のコツを5つ紹介します。どれも手軽に実践できるのでぜひ試してみてください!

1.楽しく学ぶが基本

子どもに英語を学ばせるときは英語の歌やアニメなどを積極的に活用し「楽しく学ぶ」をこころがけましょう!特に子どもにはアニメが効果的。一番よく使われているのはディズニー映画ですね。絵本などで身近に感じられる作品が多いので取り掛かりとして良いと思います。

最近ではHuluやNetflixなどのオンデマンドビデオのサービスで、洋画や洋画アニメも手軽に見ることができます。月額1,000円程度で自然に耳に入ってくる英会話をアニメと一緒に楽しむことが、英語への抵抗感を無くすきっかけになるでしょう。

2.ネイティブの英語を沢山聞かせる

小さい時にしか「英語耳」は育たない、と言われていたりします。何事も小さいうちから始めるほうが、吸収も早く、より自然と身につけることが出来るためでしょう。

CDやDVDなどを活用して、できるだけ多くのネイティブの発音を聞かせる環境がとても大事。気がつけば耳に入っている、口ずさんでいる環境で過ごすと、何も話せなかった赤ちゃんが、気がつけばお喋り出来るようになっている様に、自然と英語も身につけることができるかもしれません。

また、携帯音楽プレイヤー等にも入れておけば、家で流しっぱなしにしたり、ちょっとした車での移動時などでも聞かせる事が出来るのでお手軽です。

3.英語と日本語は対訳で教えない

例えば、ディズニーの英語教材では英語をそのまま教え、日本語に訳すことを禁じているそうです。こういった教育方法を母国語方式といいます。言葉の意味をどうしても英語だけでは理解できない…そんな時だけ対応する日本語を教えてあげるくらいで丁度よいでしょう。英語を英語そのままの意味・ニュアンスで解釈し、言語としての習得を目的としている為、あえて日本語に置き換えないのです。

逆の例、例えば「日本語を英語で表現するのが難しい」言葉としては「おもてなし」が良い例でしょうか。日本特有の思想や文化などを含む言葉だからこそ、英文の中などでもあえて 「Omotenashi」 などと書かれることが多いのです。

4.好きなものを英単語で言えるようにする

食べ物、乗り物、色、天気など子どもの好きなものの英単語を積極的に教えてあげましょう。

子供がキリン好きなら "giraffe" などちょっとむずかしいかな?と思える単語でもどんどん教えてあげましょう。興味・関心のないものを教えるよりも効果上がります。身近に有るものを指差しながら、クイズ形式で答えていくだけでも、単語力が身につきますよ。これなら英語が苦手なパパママも一緒に楽しめますね。

5.簡単な挨拶が言えるようにする

簡単な単語をある程度覚えたら、次は会話を楽しむ段階へ。次は日常で使えそうな簡単なフレーズを沢山教えてあげましょう。

「はじめまして。」( "Nice to meet you.")
「こんにちは。」("Hello.")
「私の名前は◯◯です。」("I'm ◯◯.")
「私は△△が好きです。」("I like △△.")

など、まずは本当に簡単なものからで構いません。毎日お話する感覚で楽しめば子どもも大人も、これってなんて言えば良いんだろう?と興味の幅も広がります。また、覚えたことを試してみたいのが子ども。積極的に会話に取り入れてくるかもしれませんね。

楽しく英語を学ぼう!

子どもに英語を教える5つのコツを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

いずれも、英語力は問われないものですが、実践するにはパパママの協力が必要。まずは難しく考えず、普段とはちょっと違う言葉、例えば普段使わない標準語や方言を話すような感覚で楽しんで取り組んでみるのがよいでしょう。

パパママも一緒に楽しく!が長続きの秘訣です!

【コドモブースターのオススメ】英語を短時間で身につけるなら個別・自立学習のレプトン!

2020年の英語教育改革により、将来使える英語の習得が重要視されるようになりました。そんな中、注目を集めているのが個別・自立学習の子ども英語教室Lepton(レプトン)。

レプトンの英語学習は10分程度の短い時間単位で学習内容を変化させるスタイルで、1つの単位を終えるたびに"チューター"と呼ばれる専任講師が一人ひとりの理解度をチェック。お手本をまねながらスラスラ言えるまで何度も口に出す、正確につづれるまでくり返し書くなどの反復練習を基本としています。

「聞く・話す・読む・書く」の4技能習得をレベル別に学習できるテキストなので、英語を初めて学ぶ子からTOEIC®・TOEFL®ハイスコアを視野に入れた子まで、どの英語レベルでも安心して通うことができます。

無料体験の申し込みはこちらから

お近くの子ども英語教室 Lepton(レプトン)を今すぐ検索!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと11日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと11日!