子供が文字を読めるようになるには?知育おもちゃを活用して文字を覚えよう

子供の読み書きについて悩む人は多くいます。

周囲の子供が読み書きできるようになってきたり、自分の子供がなかなか文字を覚えられなかったりすると、不安も募ります。

子供に文字を覚えてほしいと思うときには、一般的に子供はどのように読み書きを覚えていくのか知り、そのうえで何に気をつければいいのか、どうすれば自発的に読み書きの練習ができるようになるのかといった親の姿勢を考えることが大切です。
ここでは、子供が楽しく文字を覚えられるような方法を考えていきます。

キャンペーン7/31まで、お早めに!

文字を覚える練習はいつから良いの

そもそも、いつから文字を覚えさせたらいいのかと悩む人も多いでしょう。
子供が読み書きを覚える年齢にはかなりの個人差がありますが、小学校に入ると日常的に使う機会が増えるため、できれば小学校入学までには覚えさせたいと考える人が多いです。

しかし、よほどの場合を除いて、さほど神経質にならなくても問題ありません。小学校でもひらがなから教えてもらえますし、本を読む、街で見かける情報を理解する、友達に手紙を書くなど文字は日常的に触れるものであるため、少しずつ取り組めば誰でも覚えられます。

読み書きを覚えるために最も大切なのは、子供が興味を持って練習できることです。

子供が覚えたいと思っていないときに親が無理に覚えさせようとしても、学習が苦痛となって意欲を失ってしまいます。
読める、書けることへの喜び、できることが増えることへの達成感、実際に学んだことを生かせる経験といったものを刺激して、子供が自発的に取り組めるような環境づくりをすることが重要です。
子供が興味を持つためのポイントは「楽しめる」ということです。学ぶことが楽しいと感じられる体験は、一生を通じて子供の成長を助けるものとなります。

文字の知育おもちゃの選び方

子供が文字を覚えるときに役立つのが知育おもちゃです。
読み書きを覚えるというと、本を読んだりドリルを使ったりという方法もありますが、知育おもちゃのよさを生かして効果的に使うことで、子供が興味を持って勉強できるようになります。
それでは、たくさんある知育おもちゃの中から、どのようなものを選べばよいのでしょうか。

まず挙げられるのは音が流れるものです。一般的に幼児は視覚よりも聴覚が優位になっていることが多く、音が鳴るものに強い興味を示します。同じように読み書きの練習をするとしても、正解したときに音楽が流れるなど小さなことでも聴覚に訴えるものがあると子供が楽しく取り組めるようになります。

なぞって練習するなど本格的なものでなくても、文字と音をリンクさせる仕掛けがあれば何でも興味を持つきっかけとなります。
もうひとつ挙げられるのが、形と音を両方覚えられるものです。

知育おもちゃのよいところは、遊びながら楽しくできるということだけでなく、紙の上ではできない複合的な学習が可能になることです。形を見て音を想像できる力と、音を聞いてそれを文字に変換できる力をつけるには、その両方を伸ばせる知育おもちゃが役立ちます。

文字の知育おもちゃ人気10選

アンパンマンかさねていれてあいうえおキューブ/アガツマ

1.5歳以上対象。ブロック遊びを通して自然に文字と親しめます。
参考価格:2,800円(税抜)

えいごにほんごおうたえほん/東京書店

0歳から対象。覚えやすい歌が文字への興味を掻き立てます。
参考価格:2,300円(税抜)

ドラえもんドライブあいうえお/エポック社

3歳以上対象。ひらがなの勉強と一緒にドライブゲームを楽しめます。
参考価格:6,325円(税抜)

アンパンマンNEWよみかきあいうえお教室/アガツマ

3歳以上対象。書き順を覚えられるのが魅力です。
参考価格:9,800円(税抜)

ひらがなおぼえちゃおう!タブレット/パイロットインキ

3歳以上対象。可愛いビジュアルと見やすい文字が特徴です。
参考価格:2,800円(税抜)

学研おべんきょうタブレット/学研

2歳以上対象。ひらがな、英語、算数と種類が豊富です。
参考価格:2,760(税抜)

ペンがおしゃべり!えいご絵じてんプレミアムセット/旺文社

0歳から対象で、本格的に英語を学べます。
参考価格:7500円(税抜)

アンパンマンよみかきキッズタブレットDX/アガツマ

3歳以上対象。書き順に特化した製品です。
参考価格:11,000円(税抜)

楽しくお勉強シリーズひらがな・かたかなはやおぼえ/学研

3歳以上対象。文字と絵を一対一対応で覚えられます。
参考価格:2,500円(税抜)

ひらがなタブレット フレンチローズ No.8881/ローヤル

3歳以上対象。言葉の問題やクイズの他、しりとりゲームなどでも楽しめます。
参考価格:3,980円(税抜)

覚えるのは遅くても焦らないこと

文字を覚える早さには個人差があり、ひらがなから覚える、かたかなから覚える、読みから覚える、形から覚えるなど、その子に合った学び方があります。そのため、ひとつの方法にこだわらずできるだけ柔軟にとらえて、色々な方法を試してみることが効果的です。

いつまでたっても覚えられない、書けるようにならない、といった状況に陥ると不安になるかもしれませんが、少しやり方を変えたり、工夫をしたりするだけで驚くほどできるようになることは多々あります。近年ではとても便利な知育おもちゃがたくさんありますが、それに頼りきりになるのではなく、子供の様子を見ながら楽しめるように使い方を考える必要があります。子供のモチベーションが高まると、学習は一気に進みます。

子供を見守る親として一番大切なのは、とにかく焦りすぎないことです。勉強を始めてから同じペースで伸びる子もいれば、最初はなかなか進まないようでも突然わかるようになる子もいるので、できた、できないという結果だけを見るのではなく、子供の頑張りを認めて褒めることで子供のやる気を高めるとよいでしょう。いつでも子供とじっくり向き合う姿勢が何よりも大切です。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン7/31まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン7/31まで、お早めに!