小学生の英文法の教え方もコツを抑えれば安心!オススメ教材も

小学生が当たり前に英語を習うようになり、まもなく教科に加わることが決まっていますよね。
英語耳を育てようと、小さい頃から英語に触れる環境を作る努力をしているお父さん・お母さんも多いのではないでしょうか?

最近の英語学習は、聞き取れること、話せることに重点を置いているように感じられますが、英文法を疎かにしているかというと、そんなことはありません。
小学生の英語であれば、通じれば良いというレベルでも問題ないかもしれませんが、これから社会に出て行くに当たり、正しい文法の英語を話すことは重要であり、これまで同様大切なことです。

今回は、英文法と英会話のどちらが大切なのかについて解説し、これからの子供たちに英語を嫌いにさせないこつや英文法を学ぶおすすめ教材をご紹介します。

是非、子供の英文法のマスターに役立ててください。

友だち追加

英文法と英会話ってどっちの方が大切?

まず、文法をいくら理解しても、英語を話せるようにはなりません。
お父さん・お母さんの中学生時代の勉強は文法が重視されていませんでしたか?
その結果、話せるようになった方はどのくらいいたでしょう。

次に、英語でコミュニケーションが取れたからといって、本当に英語の力がついているかの証明にはなりません。
思っていることが伝われば良いのであれば、身振り手振りのジェスチャーだってある程度の会話はできます。
つまり、どちらか一方では英語を理解したことにはならないのです。

結論を言ってしまうと、英文法も英会話もどちらも大切です。重要なのはそのバランスでしょう。
どちらか一方だけを集中して勉強するのではなく、順番にあるいは並行してバランスよく学習していくことが必要です。

英会話は、コミュニケーションの手段なので、比較的簡単に学ぶことができます。
その場面に必要なフレーズだけを覚えても、会話は成り立ちますよね。
海外旅行で使える50のフレーズというようなタイトルの本が売れるのは、そのためです。
簡単に学びすぐに活かすことができますが、聞いたことがあるか覚えたフレーズの範囲での会話が増えてしまいます。

一方、英文法は英語を理論的に学びます。
すぐに実践に活かせることは少ないかもしれませんが、しっかり覚えた文法は忘れにくいのが特徴です。

小学生に英文法を嫌いにさせない教え方のコツ

お父さん・お母さんが英文法でつまずいたポイントはどこだったでしょうか?

英語が得意で文法で苦労したことがない場合を除き、文法の専門用語に頭を悩ませる方が多いと言われています。
「現在進行形」「過去完了形」などがそれにあたります。
この難しい説明が、英語をより難しく分かりにくい言語にしているのでしょう。
そして嫌いになる原因の1つです。

けれど、文法を習う以上避けては通れない道でもありますよね。
であれば、難しい言葉を意識せず、文法の法則を考えず、ネイティブが英語を習得するように感覚で英語と向き合うようにすることが必要です。

私たちは日本語を覚えるときに、難しい法則を考えてはいませんよね。それと同じように英語に向き合うようにするのです。
ゲーム感覚で覚えられると良いですね。

おすすめなのは、読み聞かせでしょう。
簡単な物語で構いません。数ページの英語の絵本を読み、その訳を英文の順番で話して聞かせてあげるのです。
例えば日本で有名な昔話の「桃太郎」を読み聞かせるとします。

「ある日おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました」と始まります。
英文では「One day, old man went to the mountain to mow the grass, and old lady went to the stream to do the laundry.」となるでしょうか。
それを「ある日、おじいさん、行った、(どこへ?)山へ、(なんで?)芝を刈りに、そして、おばあさん、行った、(どこへ?)川へ、(なんで?)洗濯に」という具合です。

これを繰り返していくことで、日本語と英語の語順の並べ替えが自然にできるようになるのです。

子供を英語嫌いにさせない教え方を気をつけよう

先にも挙げたように、英語を学ぶ時には、英文法だけでなく英会話もバランスよく学ぶことが大切です。
けれど、あれもこれもと詰め込みすぎるとパンクしてしまいます。

子供が英語を嫌いにならないように気をつけたいポイントをご紹介します。

褒めること

英語に限った話ではありませんが、小さなことでもできたところをきちんと見つけ、褒めてあげることが大切です。
小さな成功体験を積み重ねることで、自分に自信がつき、積極的に学ぶ気持ちが芽生えてきます。
失敗は笑わず流すくらいの気持ちで、どんどん間違いを促して、できたことがあれば都度褒める、その姿勢を続けることが大切です。

一緒に楽しむこと

英語を勉強するための環境を整えてあげるだけでなく、親子で一緒に楽しく勉強できると良いでしょう。
お父さん・お母さんの苦手だった部分を話してあげるのも良いかもしれません。
お父さん・お母さんが、発音が苦手で聞かせるのが心配だとしても、「発音が良くないから話せない」姿を見せるのではなく、
「発音が下手でも一生懸命話そうとしている」姿を見せてあげることが重要です。

強制しないこと

英語の勉強を楽しくやっていても、意味もなくやりたくない日があるでしょう。
強制しやらせない方が良い時があります。毎日こつこつが大切だと言われていますが、休息日も大切です。
どうしてもやりたくない日は、英語お休みの日にして、英語に触れない日を問題視せず楽しく続けられるように心がけましょう。

小学生向け、英文法のおすすめ教材5選

ここで、小学生に人気の英文法の教材から、おすすめの5冊をご紹介します。

いずれも人気のある本ですが、好みは人それぞれなので、是非お子さんと一緒に手にとって、ぴったりの教材を見つけてください。

マンガで学ぶ 小学生英語ドリル/マガジンハウス

この本は、魔法でネコの姿に変えられてしまった少年が、少女に出会い、敵を倒すために魔法カードの使い方をマスターしていくという物語となっています。
主人公になりきり、魔法カードを使いこなすのです。カードは実際に切り取り、並べ替えを行って英文を作るようにできています。
おすすめなのは、英文法を学んでいる感覚が全くないところにあります。
お子さんはただ、魔法カードの使い方をマスターするだけで、英文法を理解することができます。
参考価格:1,500円(税抜)

小学生のための英文法365日/すばる舎

難しく考えてしまう文法を例文やイラストを使ってわかりやすく説明しています。
しかも卓上カレンダーの形態となっているため、食卓に置いて毎日見ることができます。
例文の隣には、日付を書く欄があるので、その文法を学んだ日付を書き入れていきます。
コミュニケーションの1つとして、家族で毎日見ることができることがポイントです。
参考価格:2,200円(税抜)

満点ゲットシリーズ ちびまる子ちゃんの小学生英語/集英社

おなじみちびまる子ちゃんと一緒に英語を学んでいく本です。基本の文法を網羅できるようになっています。
CDもついているので、聞き取る力もつけられることがポイントです。
英語が必須になる小学生で、授業で習う単語や表現がたくさん掲載されているので、学校で英語を習う前に読んでおきたいおすすめの1冊です。
参考価格:1,200円(税抜)

ドラえもんの英語おもしろ攻略 ゼロから始める英語/小学館

ドラえもんの学習シリーズの1冊です。漫画なのであっという間に楽しく読み進めることができます。
英語とは何か、アメリカという国はどういう国なのか理解できるように書かれています。
文法を直接学ぶというより、英語の勉強を始めようと思った時に読んでおくのがおすすめの本と言えます
参考価格:850円(税抜)

えいごで日記 文法 動詞・時制/三修社

小学生が文法を意識せずに学べるように、文法の難しい用語を使わずにパズル形式で説明している本です。
時間の流れが理解できる時制シートが人気です。
視覚的に理解できるので、小学生でも理解できる内容です。
おすすめは8歳から15歳と長く利用できるので重宝します。
参考価格:1,500円(税抜)

英文法もマスターして英語好きな小学生に!

私たちが日本語を勉強する上で、たとえば「てにをは」の使い方をしっかり学んで来たという方は少ないですよね。
恐らく感覚で使いこなしていることでしょう。
どんなことでも素直な気持ちで吸収できる小学生だからこそ、英文法を楽しく学び、英会話だけでなく、英文法もマスターした英語好きな小学生にしてあげたいですよね。
お父さん・お母さんも是非、お子さんと一緒におさらいし、家族で英語マスターを目指しましょう。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す