子供の定番習い事料理、メリット・デメリットは?月謝相場も合わせて紹介

「食育」という言葉を聞いたことがありますか?食事や食物に関する知識を身につけて健全な食生活が送れるようにする教育です。保育園や幼稚園でも食べ物のことを知って楽しく食事をしましょう!という取り組み、ありますよね。それも食育です。

私たちが子供の頃、食事について学ぶ機会は少なく、あまり気にしたことはありませんでした。でも今は違います。もっと積極的に食と関わることを求められているのです。

料理教室に通う生徒も低年齢化が進んでいます。なんと幼児から通える教室もあるのです。料理出来る子供なんて、頼りになる存在ですよね!いったい教室ではどんなことを教えてもらえるのでしょうか。

キャンペーン11/30まで、お早めに!
友だち追加

料理教室では何をするの?

料理教室では、子供向けだとは思えないほど本格的なメニューを作ります。パンやケーキ、和菓子といったメニューから、一汁山菜の和食メニュー、洋食、卵料理など豊富なメニュー設定があり、食事の作法も教えてくれます。

まず、身支度をします。エプロンで身支度を整え、手洗いをします。大手料理教室ではコックコートに着替える所もあります。気持ちが盛り上がりますよね。

次にその日使う食材を見ながら、食材の説明とレシピの説明を受けます。

さっそく調理にかかります。先生のお手本を真似しながら、パンをこねたり食材を切ったり、火を通したり、家庭でのお手伝い調理ではなく主役は子供たちです。メインの調理を担当します。

料理ができあがったら、その日のテーマに沿ってメニューに関する学習をします。分からないことがあったらここできちんと確認しておきましょう。

学習が終わると、待ちに待った試食タイムです。自分で作ったメニューをお友達と一緒に食べるといつもより美味しく感じられるから不思議ですよね。
最後に片付けをしてレッスンは終了です。

必要な持ち物は?

料理教室には、何を持って行けば良いでしょう。
レッスンバックに、エプロンまたはコックコート、帽子または三角巾、ハンドタオル、上履き、筆記用具、メモ帳を入れて通いましょう。
教室によっては、オリジナルのエプロンやコックコートを購入する必要があります。
調理で汚れてしまうこともありますので、持ち物は毎回必ず持ち帰り、きちんと洗濯をしてから次のレッスンに備えてください。

▼料理教室のメリット・デメリットは?
料理教室にはメリットがたくさんあります。でもデメリットもあります。ここでは子供を料理教室に通わせるメリットとデメリットを確認しておきましょう。

メリット

食に関する知識を身に着けることができる

最も大切なことですが、食材についての知識が身に付きます。普段何気なく口にしている野菜や肉・魚について詳しく見て、触って、認識することができますよね。
火を通す前と後でどのように変わるのかも理解することができます。小さなお子さんにもわかりやすく、丁寧に教えてくれますよ。

誰かのために作ることで思いやりの気持ちが芽生える

料理を作ることは、料理を食べてくれる人に対する思いやりの心が育ちます。もちろん家庭での調理でも誰かのために作ることは出来ますが、料理教室では先生や一緒に通うお友達など、家庭を超えた社会の中で人のために作ることができます。

自分が作った料理を食べてくれた人が「おいしい」とか「ありがとう」とか言ってくれると嬉しいですし、次も頑張ろうという気持ちになれますよね。

また、料理教室でおいしく調理ができ、食材に対する知識を身に着けられたら、子供たちはそれを披露したいと考えるでしょう。料理を作る大変さも理解しているので、ママのお手伝いもすすんでしてくれるようになりますよ。ママも助かりますね。将来が期待できます。

料理をする環境が子供向けに設定されている

調理台の高さや、ガスレンジの大きさ、包丁1本を取ってみても、家庭とは違い子供向けのサイズで用意されています。その環境を作ってあげることは家庭では難しいですよね。
ママが見ているだけでは危ないからという理由で普段触ることの少ないガスや包丁も先生の指導のもとで、一人で使うことも喜びにつながるでしょう。

デメリット

親から子へ家庭の味を伝えにくくなる

プロに料理を習うので、一般的に美味しいと言われる味を覚えてくることでしょう。万人受けする料理人になるのであれば大切なことかもしれませんが、お母さんが作るいわゆる家庭の味を子供に受け継ぎにくくなる可能性があります。

家庭の味を伝えるためには、親子一緒の料理教室に通ってみたり、料理教室から帰ったら一緒にキッチンに立つ時間を意識して作るようにしたり、と言った努力が必要になるでしょう。

家族の時間が少なくなる

料理教室に通うとなると、調理の時間は意外と長く、試食するだけで子供のお腹はいっぱいになってしまうでしょう。その分、家族で過ごす時間は短くなりますし、また子供は家で夕食を食べない日ができてしまうかもしれません。

とは言え、月に1回か2回と割り切って、それ以外の時間を密に過ごし、コミュニケーションがきちんととれていれば、それほど気にならないデメリットです。

費用的な負担が大きくなる

どんな習い事でも同じことが言えますが、費用面での負担は大きくなります。料理教室に通う金額に加え、近所に教室がない場合は送り迎えにも費用が発生します。

また、美味しい味を覚えるために、レストランに連れて行ってほしい・・・なんて言い出す可能性だってありますよね。食に対する意識が高くなるのはうれしいですが、多少の出費は覚悟する必要がありますね。

気になる月謝相場は?

料理教室の月謝の相場は、未就学児童が月に1回受講すると3,000円から4,000円
小学生だと月2回受講で5,000円から6,000円になるでしょう。

その他入学金として10,000円ほど必要な教室もあります。またエプロンやスクールバックなどオリジナルのものを買う必要がある場合が多いので、初期投資が必要と言えるでしょう。

親子で一緒に参加しよう

料理教室のほとんどは、親子で一緒にレッスンが受けられるコースが用意されています。子供たちだけで料理をするのも良いですが、親子一緒にレッスンを受けることで会話も弾み楽しく食事に関する知識を増やしていくことができるでしょう。家でもう一度作ってみたいと思った時も、一緒に参加していた方が協力して作りやすいですよね。

親子でレッスンを受けて帰ってからパパに披露してあげるのも楽しいですね。

料理で大切なのは、気持ちです。誰かのためにおいしい料理を作ってあげたいという気持ちを大事にしましょう。楽しく作っておいしい食事を楽しんでくださいね。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン11/30まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン11/30まで、お早めに!