プロ・テック倶楽部

プログラミング
この教室にはコドモブースター特典があります
詳細はこちら

プロ・テック倶楽部について

  • プロ・テック倶楽部の紹介

    プロ・テック倶楽部は、科学実験教室のパイオニア「サイエンス倶楽部」から生まれたプログラミング教室。
    教育改革の柱として、英語教育とならんで2020年から必修化されるプログラミング教育。これからの時代を生きていく子どもたちの教養の一つとして位置づけられています。プロ・テック倶楽部は、四半世紀にわたる科学実験教室の経験を活かし、プログラミングだけでなく、物理や数学的要素をふんだんに盛り込んだ、唯一無二の「プログラミング×ものづくり」教室です。

    本ブランドの教室はキャンペーンの対象外です
  • プロ・テック倶楽部の特徴・レッスンの様子

    プロ・テック倶楽部の特徴は、プログラミングを学ぶことだけをゴールにしていないこと。プログラミングとものづくりを融合させた独自のカリキュラムによるプログラミング教育を通し、「目標達成のために、具体的な行動を伴った最適な手段を選択する考え方」である『プログラミング的思考』を身につけ、新しい価値を生み出せる人材を育成することを目的としています。

    ・POINT1:【21世紀型能力】を育む プログラミング×ものづくり教育

    身近な生活の中にある、社会で役に立っているプログラミングは、ものと密接な関わりがあり、それらが私たちの「生活をより豊かに便利に」したり「社会問題を解決」したりしています。IoTやAIの世界では、「ビッグデータ作成」→「データ解析~次のアクション指示」→「アクション」の3つのプロセスで構成されています。「ビッグデータ作成」には、センサーなど情報を取得する「もの」「データ解析~次のアクション指示」には人工知能、「アクション」には、家電や工場設備などに使われる実際に動く「もの」が関わっています。ですので、「役に立つプログラミング」には、「ものづくり」も不可欠なのです。

    ・POINT2:IoT時代に新しい価値を生み出す思考と行動のサイクル「プロ・テックサイクル」

    プログラミングは思考力を鍛えるには最適な素材です。「○○したい」という目的を立て、そのためにフローチャートを書いてやる手順を考えてみる。実際にやってみて失敗したらその原因を探求する。改善してもう一度やり直してみる。そんなサイクルが毎回の実習で行われていきます。だから知らず知らずのうちに、プログラミング的思考が身につくのです。

    ・POINT3:幼児~高校生まで、経年で【力】が身につくステップアッププログラム

    人が育つには、「楽しい」「できる」「得意になる」というステップを繰り返していくことが重要だと考えます。そこで、最大7年に渡ってステップアップしていくカリキュラムを構成しています。四半世紀にわたり理科実験教室の「サイエンス倶楽部」で培ってきた教育メソッドが、このカリキュラム構成に大きく活かされているのが私たちの強みです。

  • こんなお子様にオススメ

    ・様々なことに興味関心を芽生えさせたとお考えの方
    ・将来理系に進みたいとお考えの方
    ・学びの基礎を身につけさせたい方。

  • 特典情報
    ☆プロ・テック倶楽部特典☆

    キャンペーン期間につき入会金10,000円

  • コースの概要

    ・1st Stage
    「誰かと協力することでもっと大きな、難しいものが作れる楽しさと難しさ」を学ぶことを目的としています。
    ※年中のお子さまは、保護者同伴での参加となります。

    ・2nd Stage
    前半はScratchを使ってプログラミングの基礎を学び、後半はScratchにマイコンをつなぎ、ものづくり×プログラミングを実践します。プログラミングの基本であるアルゴリズム(命令を実行する順番とルール)について体感し、論理的に物事を考える力を養っていきます。

    ・3rd Stage
    スクラッチをベースとして開発されたビジュアルプログラミング環境のもと、IoTの世界では欠かすことができない多種多様なセンサー(光・・圧力・人感・音感など)の機能や特徴とプログラミングの方法について学び、プログラム言語(C++)への橋渡しをします。

    ・4th Stage
    このStageが本格的なプログラミングの第一歩!Arduino言語(C/C++)を使用し、「テキスト言語プログラミングの基礎を身につける」ことを目的とした、動作の基礎を学ぶStageです。

    ・5th Stage
    マシーンプログラミングに挑戦し、「制御」の基礎を身につけることを目的としているStageです。プログラムをフローチャートで考え、試していくうちに、次第にプログラミング能力が身につきます。

    ・6th Stage
    前半で小型コンピューター「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」に接続される基本的な機器と新たなテキスト言語「Python(パイソン)」を使った制御プログラミングについて学び、後半はPythonを使い、インターネットを経由したWebAPI、AIの技術を学び、 IoTの創作に挑戦します。

    ・7th Stage 【2019年4月開講予定】
    6th Stageからの発展として今話題のAI(人工知能)に取り組みます。Pythonとラズベリーパイを活用し、AIで実用化されている画像などの認識機能を使ってみることにチャレンジし、基本的なAIの機能を目的にあわせて活用する力が身につきます。

  • Q & A
    Q. パソコンが得意ではないのですが、大丈夫ですか?

    A. 大丈夫です。
    無料体験実習に参加していただき、ご自身のレベルに合ったコースであるかを確認していただけます。1st Stageは、パソコンに触れたことのない小さなお子さまでも楽しく始められるプログラムになっているのでご安心ください。

    Q. 幼稚園年中でも大丈夫ですか?

    A. 〇年生だから〇〇コースという考え方ではなく、お子さまのスキルに応じて受講できるコースが変わりますので、まずは体験実習にご参加ください。

    Q. 上位コースから始めることは可能ですか?

    A. 体験実習に参加していただいた際に、十分に上位コースから始められると判断された場合には、上位コースから受講することが可能です。

    Q. 送迎は必要ですか?待つことができる場所はありますか?

    Q. お子さまのみで安全に通うことができるのであれば、必ずしも送迎は必要ありません。実習中にはロビーを待機場所としてご利用いただけます。

    Q. 1クラス何名ですか。

    A. 最大10名で、複数のスタッフでサポートいたします。

    Q. 保護者の付き添い・見学は可能でしょうか?

    A. 体験実習では保護者席が用意してありますので、お子さまの様子を見ていただくことが可能です。入会後はロビーで待機していただくことになります。

    Q. パソコンは持ち込みですか?

    A. 教室にありますので必要ありません。利用料、レンタル料等はかかりません。

    Q. 制作した作品を持ち帰れますか?

    A. 基本的には、自分で制作した作品は持ち帰ることができますが、一部の制作物(EdisonやRAPIROなど)は、持ち帰ることができません。

お近くのプロ・テック倶楽部を今すぐ検索!