幼児向け、ピアノレッスンの内容や料金は?効果は?教材も紹介

ピアノは幼児の頃から習わせた方が上達は早く、吸収力が高いので色々なメリットがあります。

しかし、小さい頃は自分でピアノをやりたいと判断できるわけではないです。
そうなると毎日練習させるのは難しく、子供の集中力は中々続きません。ピアノレッスンに長時間向き合わせても飽きさせないようにするには、ピアノが嫌いと言わせない環境が大事です。

そして気持ちよくピアノを練習させるためには、まず子供にピアノレッスンを楽しんでもらう必要があります。

子供が自ら積極的にピアノに取り組むには、それなりの下準備が必要です。そこで、幼児向けのためのピアノレッスンの内容や料金、それにふさわしい教材などを調べてみました。

キャンペーン終了まで、あと9日!
友だち追加

幼児向け、ピアノレッスン何歳からはじめる?

幼児に対してピアノレッスンをさせる場合、まず頭に浮かぶのは何歳から始めるのが理想かということです。何歳からピアノを習うべきかの基準のようなものはないのですが、指の筋力がついてくる3歳以降が良いと言われています。

そのため、3歳から4歳くらいを1つの目安にすると良いでしょう。どちらかと言うと年齢を基準にするより、ピアノの鍵盤を押せる力があるかどうかがポイントになります。

鍵盤をきちんと押せない幼児はストレスが溜まるたけで、上達はおろかピアノが嫌いになる可能性があります。ピアノ学習を考える場合、大事なのは子供がピアノの鍵盤を押せるだけの力があるかで、それができないと上手くいきません。

また、子供の音感が発達するのは6歳頃までと言われているので、6歳までにピアノ学習を始めるのがオススメとされています。

幼児からピアノを習うことの効果は?

ピアノレッスンを子供の頃から習わせると、音楽のセンスを磨けるだけでなく、脳を鍛えることにつながるそうです。

幼児の時期からピアノを習わせると、知能や言語能力の発達に寄与するといわれています。知能の発達にピアノが貢献するのは、楽譜を見ながら指を動かしていくからです。
ピアノを弾く行為は、幼児の脳に良い刺激となり、脳に良い影響を与えてくると言われています。

左右の手を器用に動かすピアノは、非常に難易度の高い行為で、楽譜を短時間で記憶して指先を走らせないといけません。その上、楽譜を先読みしながら足ではペダルを踏む必要があるので、右脳と左脳の強化により記憶力アップにも貢献します。

幼児向け、ピアノレッスンの内容は?

幼児にピアノレッスンを受けさせる場合、気になるのが内容ですが、まずは体験レッスンを受けると良いでしょう。

教室によって、レッスン方法はそれぞれ異なるからです。体験レッスンは安心材料になり、こういう教室でこういう先生であることを子供に知ってもらうことができます。

基本的なピアノレッスンの内容としては、5つの音符の中に番号を書いて、手の形をなぞる指番号があります。リズム感を養うため、カスタネットを用意して、先生のピアノに合わせてリズムを打つ練習も行います。人差し指と中指で鍵盤の上を散歩させる方法もよく取り入れられていて、この方法で高低を覚えることができます。

グループレッスンは本物のピアノに触れる機会は少ないので、最初からピアノに触れさせたいなら個人レッスンがオススメです。

幼児向け、ピアノレッスンの料金はどのくらい?

子供にピアノを習わせる場合、どのくらいの費用がかかるのかは気になるところです。

ピアノレッスンの料金については、各教室でレッスン時間が異なるので一概には言えないものがあります。平均的な相場としては、幼児の場合、月謝は3,000円くらいが目安になるでしょう。

ただ教室によっては、月謝以外に入会金や施設費、教材費などを支払わないといけないところもあります。そうした場合、入会金と教材費がそれぞれ3,000円程度かかり、教材費については年に3回程度必要です。

レッスン回数が異なると一律に比較はできませんが、全体の相場としては4,000円から7,000円を想定しておくと良いでしょう。料金体系はバラつきがあるので、通いたい教室を見つけたら、月謝以外に費用がかかるのか必ず確認しましょう。

ピアノレッスンで使う、おすすめ幼児向け教材3選

幼児にピアノレッスンを施す場合、大事なポイントになるのが教材です。

ピアノを教える時に使用するテキストには色々なものがあり、それぞれアプローチの仕方が違うので注意が必要です。

3歳から5歳くらいの幼児にオススメの教材に、うたとピアノの絵本があります。このテキストは、1巻が右手、2巻が左手、3巻が両手の編成になっているのでわかりやすいです。絵本なので子供が馴染みやすく、短いメロディーを歌いながら弾くことで音楽力が身につきます。

学研から販売されているぴあのどりーむもオススメで、指番号の導入から始まって、スムーズにメロディーを弾くことが可能です。

ドレミ楽譜出版社から出ているピアノひけるよ!ジュニアも人気の教材で、子供がよく知っている曲を使うので楽しく学習ができます。

発表会で子供のピアノ演奏を見るのが楽しみ!

ピアノは子供の脳に良いので、指の力がついてくる3歳くらいから習わせるのがオススメです。

幼児の頃からピアノレッスンを受けさせれば、子供の知能や記憶力を発達させることができるのでとても有意義です。

左右の手と足を複雑に使用するピアノを趣味にすると、脳をしっかりと鍛えることができます。そして楽譜がスムーズに読めるようになり、音感やリズム感を養うことができます。

料金は毎月3,000円くらいかかりますが、子供の将来のことを考えれば大した投資ではあません。上達すれば、演奏会で発表する子供の雄姿を見ることができるかもしれません。発表会で子供のピアノ演奏を見るのは、親にとってはとても楽しみです。

ピアノレッスンは、先生との相性が大事になるので、まずは体験レッスンから始めてましょう。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと9日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す