主婦の友リトルランド クボタメソッド能力開発教室

幼児教室

主婦の友リトルランド クボタメソッド能力開発教室について

  • 主婦の友リトルランド クボタメソッド能力開発教室の紹介
    クボタメソッドとは

    「クボタメソッド」は久保田競先生、カヨ子先生と主婦の友社が30年かけて築いてきた、子どもたちの「脳力」を最大限に伸ばすための最新育脳プログラムです。「赤ちゃんクラス」は毎日の育児の中で、お母さまが何をすれば赤ちゃんの脳が大きく育つのか? それをお母さまに教えることができます。「2才クラス」以降は母子分離で90分間、バランスのいい脳をきたえるためにさまざまな経験を重ね、しっかりと考え、判断し、行動できる人間に成長するための「脳力」を養っていきます。

    赤ちゃんの脳を育てる

    生まれたばかりの赤ちゃんには、すでに140億個もの神経細胞がありますが、細胞同士がまだつながっていないため、ほとんど働いていません。しかし、目、耳、皮膚などにタイミングよく働きかけることで、脳にシナプスがつくられ、このシナプスが細胞と細胞をつなぎ、細胞間に情報を伝える回路がつながっていきます。

    脳が働くとは、さまざまな経験を積んで、シナプスを増やし、この神経回路をふやし、密にしていくことです。この時期にどれだけシナプスをふやせるかで、子どもの「頭のよさ」を決まります。生後2カ月から、積極的に脳に働きかけること―それが「クボタメソッド能力開発教室」です。

    ママとのふれあいで赤ちゃんの脳を鍛える

    母から娘へ伝えられてきた昔ながらの育児の中には、子どもの脳の発達への効果が実証されたものが多くあります。久保田カヨ子先生と主婦の友社は、競博士の脳科学研究をベースに、それぞれの時期にどのような働きかけをするとよいか、実際に0~5才児に実践し、オリジナルな乳幼児教育法を確立しました。それが「クボタメソッド」です。

    キャンペーンの対象につきましてはリンク先の説明をよくお読みください
  • 主婦の友リトルランド クボタメソッド能力開発教室の特徴・レッスンの様子

    ・赤ちゃんクラス
    「赤ちゃんクラス」では、脳の成長に合わせて、ベストなタイミングで、目・口・手・指・足・耳・身体、すべてをバランスよく使い、脳に刺激を伝えることで、厚みのある大きな脳を育てていきます。

    ・2才児クラス
    お子さまの成長に合わせて、前頭前野を育てるための効果的な課題をくりかえしながら賢い脳を育てていきます。

    ・3才児クラス
    先生や友達とのかかわりの中で社会性を身につけ、集団生活の中での協調性・積極性・マナー・コミュニケーション能力を養います。数学的センスをきたえるために、たし算の暗算なども行っています。

    ・4才児クラス
    教室では、ひとつの課題に対して自分の考えたことを自由に発言し、発表します。見たものを素直に表現し、想像力をふくらませていきます。4才からは久保田競先生が提唱する九九の暗算が加わります。

    ・5才児クラス
    豊かな思考力、判断力、観察力、表現力、理解力の基礎を育てます。この育脳カリキュラムは、国立小学校の受験にも通じる部分が多く、受験対策としてお通いいただいているお子さまもいらっしゃいます。

主婦の友リトルランド クボタメソッド能力開発教室に関連する記事

お近くの主婦の友リトルランド クボタメソッド能力開発教室を今すぐ検索!