Z会 プログラミング講座 with LEGO® Education

プログラミング/オンライン/通信講座
お問い合わせ

Z会 プログラミング講座 with LEGO® Educationについて

  • Z会 プログラミング講座 with LEGO® Educationの紹介
    テクノロジーに触れ、考え、実践しながら学ぶ経験を、ご家庭で。


    テクノロジーの発展が社会の変化を加速させている今、子どもたちの学びも時代に即して大きく変わろうとしています。2020年度に小学校で必修化されるプログラミングもその一つ。

    本講座は、プログラミングを全国のご家庭で取り組めるよう、レゴ® ブロックを使ったプログラミング教材にZ会オリジナルのテキストを加えることで、通信教育としてお届けしています。

    時間や場所が限定されない分、アイデアを形にしたり、動きを改善したりといった、深い学びの経験を積むことができ、お子さまが「自分でできる」喜びと達成感を味わえるものとなっています。本講座を通じてひらめき(創造力)・組み立て(論理的思考力)・試行錯誤(問題解決力)の3つの「プログラミング的思考」を育むことができます。

  • Z会 プログラミング講座 with LEGO® Educationの特徴・レッスンの様子

    学習は、毎回のテーマに沿って、レゴ®ブロックでロボットを組み立てるところからスタート。

    できたものにセンサーやモーターを取り付け、それをiPadと無線でつなぐことでロボットを動かします。「こんなふうに動かしてみたい!」「ここを変えたらどうなる?」「こんな動きをさせるためにはどうすればよい?」…と、工夫する余地は無限大。一通りの学習が終わったら、定着確認テスト「Challenge!!」で学習内容を振り返り、定着させます。

  • 教材について
    基礎編-レゴ®ブロックのキット

    レゴ®エデュケーションWeDo2.0
    WeDo2.0には、頭脳である「スマートハブ」のブロックがあります。このスマートハブは、iPadのアプリと通信することで、スマートハブにつないだモーターを「アプリで作ったプログラム」に従って動かすことができます。また、2種類のセンサーをブロックで作ったロボットに取り付けてスマートハブと接続することで、センサーが検知した情報に従って、ロボットの動き方を定めることができます。

    標準編ーSPIKE™ プライム

    SPIKE™ プライムは、カラフルなレゴ ®ブロックと高精度なモーターやセンサーが一体になったキットです。
    大きな台座や車輪など、大型のパーツがあることで、組み立て時間が短く済み、動きを実現するための試行錯誤に時間をかけることが可能です。

    Z会オリジナルテキスト

    『ワークブック』
    毎月届く「ワークブック」を読んで、ブロックやプログラミングの組み立てを習得していきます。

    保護者ガイド

    『保護者用ガイド』

    必要に応じてお子さまをサポートしていただけるよう、ワークブックの各ページに対応した『保護者用ガイド』もご用意しています。

  • こんなお子様にオススメ

    ●教室に通わず、ご自宅で安心してプログラミングを学習したい方
    ●楽しく学びながら、プログラミング的思考を身につけたい方
    ●レゴブロックが好きな方

  • Q & A
    Q1.1回の学習時間はどのくらいですか?

    「基礎編」・「発展編」とも、1回の学習時間はだいたい90~150分ぐらいです。毎月1回お届けする教材には、2回分の学習内容が掲載されており、1か月で2テーマを学習していただきます。

    Q2.「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」を受講するのに必要な対応端末・推奨環境について教えてください。

    最新の対応端末・推奨環境は、下記Z会Webサイトに掲載しておりますので、ご確認の上、必要な環境をご用意ください。
    https://www.zkai.co.jp/z-app/correspond/

Z会 プログラミング講座 with LEGO® Educationに関連する記事