運動能力開発スクールについて

  • 運動能力開発スクールの紹介

    運動能力開発スクールはソーマプライア沖縄とスポーツおきなわが共同開発をした子供達のためのプログラムです。

    運動能力開発スクールの2つの特徴

    1.プロフェショナルが開発したプログラム
    元Jリーガーであり、プロビーチサッカークラブ「ソーマプライア沖縄」の代表兼監督である河原塚毅と、スポーツおきなわ代表の大城英稔によって開発された子供達の運動能力を伸ばすプログラムです。

    2.運動能力を確実に伸ばす
    生まれてから10歳くらいまでは、神経が著しく発達し運動能力の基礎が形成される大切な時期です。この時期に、多種多様な動きを経験させることによって、神経回路に様々な刺激を与え、その回路を張り巡らせる事ができ、総合的な運動能力向上の可能性が広げます。

  • 運動能力開発スクールの特徴・レッスンの様子

    運動能力開発スクールは、子供達の運動能力向上の可能性を広げる練習環境です。

    運動能力開発スクールのレッスン

    1.のびのびと体を動かし心を育てる
    のびのびと体を動かすことは、運動能力を伸ばすだけではなく、心の成長も促します。コミュニケーション力や、表現力、考える力、行動力など子供達の様々な力を培います。

    2.様々な動きを体験
    様々な運動体験を持っている子供は、バランスの取れた運動能力を備えていると同時に、新しい刺激に対しての調整能力が非常に高いと感じています。楽しく体を動かしながら、寝ころぶ・回る・転がる・走る・はねる・飛ぶ・よけるなど様々な動きを体験し、運動能力の基礎を伸ばしていきます。また、投げる・捕る・蹴る・押す・引くなど用具を使った動きも鍛えてきます。

  • こんなお子様にオススメ

    ・体を動かすことが好きなお子様
    ・運動が苦手なお子様
    ・体力をつけたいお子様

  • コースの概要

    3歳から12歳の子供達を対象としており、様々な運動能力を鍛えます。

お近くの運動能力開発スクールを今すぐ検索!