バレッドキッズについて

  • バレッドキッズは通常のパソコン教室とは一味違う、実践型パソコン・プログラミング教室です。
    パソコン操作やプログラミングを学ぶだけでなく、ネットワークを活用して情報や知識を共有することで思考力を育成し、自分の考えを表現する力も養います。

    バレッドキッズがなぜいま子供たちに必要か

    1.プログラミング教育の必修化
    小学校でプログラミング教育が必修化され、2020年度より義務教育の一部となりました。2021年度から中学校、2022年度から高校で、「プログラミング」がいっそう重視された教育方針に変わっています。今後の教育現場にはパソコンは必要不可欠なものへと変化しつつあります。

    2.デジタル化・グローバル化の加速
    「AIの進化により人間が活躍できる職業はなくなるのではないか」といった未来予測が多く発表されています。今後、情報を整理し、パソコンを使いこなし世界に向けて発信するスキルは、学力と同様に社会に出るための必須の能力となってきています。

    3.現代社会に対応できる思考能力
    プログラマーを育成することが、プログラミング教育の目的ではありません。複雑な問題を小さな問題に分割して解きやすくしたり、膨大な情報量のなかで必要な情報のみ取り上げていくなど、今後社会に出ていくときに必要な論理的に考える力を育てます。

特徴・レッスンの様子

  • バレッドキッズは数多くのカリキュラムを揃えており、長年のノウハウを活かしたオリジナルテキストやシステムで幼児から実践的なスキルを学ぶことが出来ます。

    バレッドキッズのカリキュラムの一部

    1.タイピング
    ただ単語や文章をタイピングするのではなく、設問に対して回答するといった実用的なタイピング学習法を実施しています。そのため、情報処理能力も早く思考を止めずにアウトプットすることができます。

    2.プレゼンテーション
    パワーポイントでスライドを作るのはもちろん、自分の考えや思いがどうすれば相手に伝わるのかを学びプレゼンテーションを実際に行います。バレッドキッズでは、教室内の小さなイベントや全国の子どもたちが集い発表する『子どもみらいグランプリ』を開催しています。

    3.プログラミング
    自分でキャラクターなどを作るところから始まり、ビジュアルプログラミングソフト・スクラッチ(Scratch)を使い、動かすためのプログラミングや演算、変数や条件分岐、リスト、座標といった基礎知識やスキルを学びます。できることが増えるほど応用でさらにできることが増えていくので、発想力や創造力が養われます。

    4.Office
    バレッドキッズでは、「Officeを学ぶ」ことをゴールとはしておらず、Officeの知識・技能を習得したうえ、「Officeで学ぶ」ことを目的としています。Officeを単なるスキルとして習うのではなく、考えるためのツールとして学習にも役立ててほしいと考えています。

こんなお子様にオススメ

  • ・パソコンに興味を持ち始めたお子様
    ・学校でもっとパソコンを活用できるようになりたいお子様
    ・パソコンの様々な使い方を知りたいお子様

コースの概要

  • コースは以下3コースより、年齢や目標によってお選びいただけます。

    ・PC-ICTコース(個別指導)
    パソコン教育の基礎知識であるICTナレッジからオフィスソフトの使い方、プログラミングやプレゼンテーションまで幅広く学んでいただけます。

    ・ロボプロ基礎コース(一斉指導)
    アーテック社の教材を使用してパズル・ロボット・プログラミングの3種類のカリキュラムに取り組むコースです。

    ・ロボプロ中級コース(一斉指導)
    アーテック社の教材を使用してロボットプログラミングに取り組むコースです。

Q & A

  • Q.幼児・小学生にパソコンは早くないですか?
    A.幼いうちからパソコン等の情報端末に触れる時代。バレッドキッズは最初に興味を持ち始めた時期からタイピングスキルや正しいパソコンの使い方を身につけることをお勧めしています。楽しみながらパソコンスキルやプログラミングを含めた知識を学ぶことで、インターネットやPCにまつわるリスクから身を守り、将来に役立つ力を育成いたします。

    Q.ウチの子供が続くか不安なのですが…
    A.大丈夫です。先生が各生徒の習熟度に合わせて丁寧に授業を行いますので、「ついていけない」といった心配はありません。

お近くのバレッドキッズを今すぐ検索!