リトルランド

スクール部門

リトルランド くぼたのうけん(旧クボタメソッド 能力開発教室)
リトルランド くぼたのうけんとは

「リトルランド くぼたのうけん」は久保田競先生、カヨ子先生とリトルランド社が30年かけて築いてきた、子どもたちの「脳力」を最大限に伸ばすための最新育脳プログラムです。「赤ちゃんクラス」は毎日の育児の中で、お母さまが何をすれば赤ちゃんの脳が大きく育つのか? それをお母さまに教えることができます。「2才クラス」以降は母子分離で90分間、バランスのいい脳をきたえるためにさまざまな経験を重ね、しっかりと考え、判断し、行動できる人間に成長するための「脳力」を養っていきます。

赤ちゃんの脳を育てる

生まれたばかりの赤ちゃんには、すでに140億個もの神経細胞がありますが、細胞同士がまだつながっていないため、ほとんど働いていません。しかし、目、耳、皮膚などにタイミングよく働きかけることで、脳にシナプスがつくられ、このシナプスが細胞と細胞をつなぎ、細胞間に情報を伝える回路がつながっていきます。

脳が働くとは、さまざまな経験を積んで、シナプスを増やし、この神経回路をふやし、密にしていくことです。この時期にどれだけシナプスをふやせるかで、子どもの「頭のよさ」を決まります。生後2カ月から、積極的に脳に働きかけること―それが「リトルランド くぼたのうけん」です。

ママとのふれあいで赤ちゃんの脳を鍛える

母から娘へ伝えられてきた昔ながらの育児の中には、子どもの脳の発達への効果が実証されたものが多くあります。久保田カヨ子先生とリトルランド社は、競博士の脳科学研究をベースに、それぞれの時期にどのような働きかけをするとよいか、実際に0~5才児に実践し、オリジナルな乳幼児教育法を確立しました。それが「リトルランド くぼたのうけん」です。

リトルランド こども英語クラブ

英語で話す力、積極的に伝える力を育てる英会話スクールです。

「こども英語クラブ」に通えば、ネイティブのきれいな発音で、きちんと話せるようになります。話すことで、自分の考えや意見をきちんと伝えるコミュニケーション能力も育ちます。「こども英語クラブ」には、首都圏で約1000人の生徒さんが通ってくださっていますが、4割が幼稚園から、3割が小学校入学時からの生徒さんです。そして8割の生徒さんが4年以上通っていただけているのが、私たち「こども英語クラブ」の誇りです。

講師は全員ネイティブスピーカー

ジェスチャーやボディランゲージも含めた生きた英語表現を学んでいただくため、講師はすべて、英語を母語とする経験豊富で教え方のトレーニングを積んだ専任講師たちです。

日本人の先生がサポートしてくる

教室には必ず日本人先生(アシスタント)が常駐し、子どもたちの英語習得のサポートにあたっています。また、クラスの管理や保護者のかたへの対応もこまやかに行います。

子どもの英会話力向上のために

「日本で英語を母国語のように覚えるには?」という視点で生まれた、こどものための英語カリキュラムです。スタートが早ければ早いほど、日本語と英語がいっしょに頭に入り、いっしょに出てくる「バイリンガル脳」が育ちます。

楽しいイベント

ハロウィンやクリスマスパーティーを通して、外国の文化に触れながら、先生や友達と楽しく交流します。また、参観日には保護者のかたに学習の成果を見ていただいたり、一緒にゲームを楽しんでいただきます。子どもたちのネイティブの英語を聞きとる力と、すばらしい発音に、きっと驚かれることでしょう。

リトルランド アトリエ太陽の子

リトルランド アトリエ太陽の子

美術(絵画・造形・工作)

いつも元気とアートがいっぱい
アトリエ太陽の子は約30年前に誕生した、子どものための絵画と造形の教室です。教室では月ごとのカリキュラムを基に、絵画・造形の双方を季節等にあわせてバランスよく実施しています。

たとえばダンボールからイニシャルの立体作品を作ったり、大きな画用紙に手に絵の具をつけて自由に線を描く(フィンガーペインティング)などの制作も子どもたちに人気です。毎回、思いもかけない出来ばえの作品が教室の中で生まれています。

「うまい」「へた」といった評価にとらわれず自由に自分を表現できる場所が「アトリエ太陽の子」ひとりひとりの創造力を大切に、豊かな個性の伸長を目ざしています。

楽しいイベントがたくさん

アトリエ太陽の子では、首都圏40カ所の教室に通う生徒さん600名が集い、楽しいイベントを実施しています
コドモあいらんだ~銀座
毎年5月5日の「こどもの日」。銀座柳祭りの「コドモあいらんだ~銀座」を企画・運営しています。毎年、先生、生徒さんがたくさん参加し、銀座7丁目の路上160メートルに、カラーガムテープでダイナミックなアートを描いています。

リトルランド ジュニア空手

基本から型や礼儀を学ぶ空手教室
非日常的な武道の世界に身をおき、真剣に稽古に励むことで、他人をいたわり、困難に負けない心と、強い身体を作ることを目標にしています。武道が初めてでも、また女の子でも、楽しく、そして厳しく空手を学べます。

冷静な判断力と協調性を育む

武道の『武』という文字は『戈(ほこ)』を止めると言う意味から来た会意文字です。つまり争うことではなく、争いを行わずに治めることを意味します。武道空手道の稽古を通して冷静な判断力と協調性、屈しない精神力を身につけましょう。

拳成塾とは

ジュニア空手は拳成塾の塾長である佐藤栄基先生の指導の元で稽古が行われます。「実践空手道拳成塾」では日本固有の武道空手道を通して、次代を担う青少年たちには「勝つことが全てではなく『諦めない心』と『負けぬ精神』」を、社会人の方々には体力維持と心身のリフレッシュに、また親子の方々は稽古を通して家族のコミュニケーションを育んでいただけるよう、目的別に複数のクラスを設定しております。敷居が高いと思われがちな空手を、身近に感じて楽しく稽古ができる環境を目指しています。

武道を習うこと

『自分の心と向き合い、逆境を乗り越えていく』その思想が見直されているのではないでしょうか。武道では普段は助け合い、高め合いながら稽古を行う同士であれ、大会となると救いの手を差し伸べることは出来ません。稽古で培われた自分地震の精神力を頼りに心に宿す恐怖心をぬぐい去る姿勢から、試合で戦う相手とはまずは自分自身の心であると言えます。子どもの心を鍛えたくましい大人に成長する手助けをしていきます。

教室一覧

関東

5月のキャンペーン