習い事にはどんな効果が?習い事別に期待できる子どもの変化も解説!

魅力的な子どもの習い事はたくさんありますが、すべてを習わせてあげることはなかなかできません。でも、もしどの習い事がどんな影響や効果を子どもに与えるのかがわかれば、より、自分の子どもに合った習い事をセレクトすることができますよね。

習い事が子どもにぴったりマッチしていれば、子どもの力もぐんぐん伸ばすことができそうです。そこで今回は、習い事が子どもに与える影響や効果についてお伝えしたいと思います。今、人気の習い事別に期待できる効果も比較&解説。習い事の効果を最大限に引き出す、パパママの接し方まで考えてみましょう!

キャンペーン5/31まで、お早めに!
5月のキャンペーン

知識や技術を学ぶだけじゃない!習い事の意外な効果

習い事をさせているパパやママから、「実感している子どもへの習い事の効果は?」ときくと、ジャンルに関係なく「体力がついた」との回答をもらうことが多いようです。

スポーツ系の習い事なら、基礎体力や心肺機能の向上がのぞめるとは思いますが、そのほかの習い事でも「風邪を引きにくくなった」「今までより長い距離をちゃんと歩けるようになった」といった変化が感じられるようです。また、家族や幼稚園、保育園、小学校など、普段とは異なるコミュニティに属することで、社会性が養われたり、礼儀やマナーを身につけたり、それをほめられることによって自信が持てるようになったりといった効果も。

専門家に教えてもらうことで、知識や技術を身につけられることが子どもに習い事をさせる最大の目的ですが、内気だった子が積極的になったり、人前で自分の気持ちを上手に話せるようになるなど、予想外のプラスアルファ効果も少なくないようです。

人気の習い事別に効果を比較

今、小学生に人気の習い事は以下の通り。スイミングに英語、ピアノなど、定番の習い事が並んでいますね。長く人気を博すということは、代々のパパママたちにその効果が実感されてきたと言うこと。以下、それぞれの習い事に期待できる効果を解説します。

スイミング

どの世代で調査をしても、「やっている子ども習い事」の上位に登場するのがスイミング。みなさんの周囲にも習っている子どもは多いのではないでしょうか?

スイミングは、体を強くし風邪を引きにくくすると言われています。正しいフォームで泳ぐことで、姿勢も正しくなります。また水中での呼吸は心配機能を高めてくれます。水の中での運動を続けることで、適度な筋肉がつき、体のラインが綺麗になります。水中での運動は、陸上に比べて体への負担が少ないため、怪我をしにくいのも嬉しいポイントです。

英語

小学校でも英語の教科化が決定し、子どもの習い事ランキングでも上位に上がることが多いイングリッシュ・レッスン。小さい頃から英語の発音に触れさせることで、ヒアリングや正しい発音があまり苦労せずにできるようになることがメリットです。ネイティブの発音に苦手意識を持つことがないので、積極的に会話を楽しもうとすることが出来ると言われています。子供たちが大人になる頃、英語は話せて当たり前です。英語が話せることでやっとスタート地点に立てる時代がすぐそこまで来ています。

英語が話せるだけで将来活躍できるフィールドがひろがり、世界中の人たちとコミュニケーションできるようになるので、習わせてソンはありません。

ピアノ

女の子だけでなく男の子にも人気の高いピアノは、小さい頃から始めることで、音感やリズム感がよくなり、複雑な曲に挑戦するときに大切になってくる運指も自然に身に着けることができます。絶対音感を身につけさせたいなら胎教からといった話も耳にしますが、通常は3歳ぐらいから、遅くとも小学校低学年のうちに始められれば理想的です。小学校では、合唱コンクールや学校祭の伴奏などで活躍することも出来ます。

多くの教室では定期的に発表会が開催されます。大勢の人の前でソロ演奏することは、子どもの心を強くし、自信をつけてくれます。また、ピアノのように指を複雑に動かす楽器演奏は、脳に良い影響を与えるというのも有名な話です。

書道

字が綺麗に書けるようになると、それだけで頭の良い子に見えてくると思いませんか?字は財産です。小さい頃に綺麗な字を覚えれば、大人になってからも少しの練習で綺麗な字が書けるようになります。書道教室に通うことで、そんな財産を手に入れることができます。

また、書道は、師範に教わる習い事です。礼儀作法からマナーまで厳しくしつけてもらうことができます。品の良い立ち居振る舞いが自然に身についていきます。さらに、字と関わる習い事を通して、難しい感じの読み書きが得意になるのも嬉しい効果です。

効果も見すえた上手な習い事の選び方は?

人気の習い事はほかにも数多くあり、それぞれ違った良さ、効果が期待できるものが多いです。その中から、自分の子どもに合った習い事をどのように選べば良いのでしょう?

大事なのは、まず子どもが興味を持つこと

どんなに人気の習い事でも、どんなに効果が期待できても、お子さんに興味がなければ長く続けることは出来ません。それどころか、その習い事を嫌いになってしまう可能性もあります。子どもの興味が何にあるかわからない場合は、ランキングにあがるような習い事から見学に行ってみるのも良いでしょう。友達が習っているなど身近な習い事なら見学もしやすいですよね。

何を期待するのか?をあらかじめ整理

習い事をしたからといって、それが必ずしも将来の職業に直結するわけではありません。有名なサッカー選手が子どものころに習っていたスポーツは野球だった…なんて話も聞きますよね。親が過剰な期待をし、子どもをプレッシャーでつぶしてしまわないためにも、その習い事に何を期待するのか、どのラインにたどり着ければOKなのか等、家族で良く話し合っておくといいでしょう。

見えない負担も洗い出しておく

例えば、教室に通うたびに発生するパパママの送迎。実際に習い事がスタートするとどのくらいの負担になるのかなどもチェックしておきたいポイント。子どもが楽しんで通っているのにもかかわらず、送迎に無理が生じて続けられない…といったことのないように、通学方法や、子どもがレッスンしている時間にの親の待機方法、どうしても送迎ができないときの代替手段まで考えておきたいところです。

さらに、習い事に必要な料金も確認してください。毎月の月謝はわかりやすいですが、教材費、発表会の参加費などイレギュラーに発生する費用が、予想以上に負担になる習い事もあるので注意が必要です。

親の接し方でさらに効果は高まる

無事に習い事をスタートさせても、親が習わせっぱなしにしてはいけません。家でのフォローは、習い事で得られる効果を大きくするためにも重要です。レッスン中に感じた楽しい気持ちや、できずに味わった悔しい気持ちなど、まずは子どもの気持ちを親がしっかりと受け止めてフォローし、時には励ましたり叱咤激励したりしながら、子どもが楽しく通い続けられるように導いてあげてください。

現在、多くの習い事は、入会前に体験レッスンができるようになっています。子どもに興味があり、親から見ても効果が期待でき、条件的に通うゆとりがあると思われる習い事でも、教室や先生との相性などもあるもの。まずは、体験してみることをおすすめします。実際に教室に足を運ぶと、想像していたのと違うところをたくさん発見できると思います。逆に、最初は興味を示さなかったのに、体験を受けることで急にやる気になる子どももいます。無理せず長く続けるためにも、おためしの機会は有効に活用したいですね。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン5/31まで、お早めに!
5月のキャンペーン

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン5/31まで、お早めに!
5月のキャンペーン
5月のキャンペーン