民間の学童保育なら習い事付きでサービスが充実!共働き家庭にオススメの学童保育

近年、共働きの家庭が増加しています。共働き家庭の場合、問題となることのひとつに、平日の子どもの習い事の送迎ができないということがあります。そのような家庭におすすめなのが、民間の学童保育です。子供を預かるだけでなく、さまざまな習い事ができる学童保育が増えています。それ以外にも民間の学童保育はさまざまなサービスを柔軟に提供しています。ここでは民間の学童保育にはどのようなサービスがあるか見ていきましょう。

キャンペーン終了まで、あと2日!

学童保育の種類

学童保育とは、放課後や長期休暇期間に、日中保護者がいない小学生の児童を対象として、生活と遊びの場を提供する保育事業のことです。学童保育には2種類あり、ひとつは自治体が運営しているもの。そしてもうひとつは民間団体が運営しているものです。

自治体運営の学童保育は、子どもを預けるのに保護者の就労証明書がいるなどの条件があります。小学校6年生まで預けることが可能ですが、多くの自治体でパンク状態となっているのが実情です。放課後に過ごす場所を提供するという意味合いが強く、宿題の指導などは行わないことが多いようです。子どもたちは自主的に宿題をやり、あとは学童保育スペースにある物を使って自由に遊ぶというのが基本です。預かり時間は6時ごろまでというのが一般的です。

民間の学童保育は、預けるのに特に条件はないところがほとんどです。預かり時間は遅くまで延長できることが多く、中には22時まで可能なところもあります。運営団体によって異なりますが、小学校まで送迎するサービスがあったり、お迎えが遅くなる児童に対して夕食を提供したりといった、自治体運営ではできないサービスを提供しているところがたくさんあります。

民間だからこそ充実したサービスがある!

民間の学童保育と言っても、運営団体によって提供するサービスはさまざまです。大きな特徴として、預けている時間に習い事ができるということがあります。これは親の事情で子どもが習い事を諦める必要がないため、保護者にも好評です。

その他、子どもの安全と利便性に配慮し、小学校まで送迎するサービスを行っているところもたくさんあります。また、ご家庭の希望に応じて、昼食やおやつ、夕食を提供することも可能です。長期休暇中、昼食が提供されれば、忙しい保護者が毎日お弁当を作らずに済むため、こちらも好評なサービスです。

また、日々のプログラムでは、子どもたちに学習習慣がつくようにサポートしたり、友人と仲良く遊べるようにさまざまな遊びを提案したりしています。挨拶などの基本的なマナーが身につくよう指導も行っています。また夏休みや春休みなどの長期休暇の際は、スポーツ大会やキャンプ、農業体験、料理体験といったイベントを組んでいるところもあります。こういったさまざまな体験を通して、子どもたちは知的好奇心を育み、自主性や自立心を養っていくことができます。

習い事のプログラムはどうなっているの?

民間の学童保育の大きな特徴のひとつ、習い事は、施設によって内容が異なります。そろばんや英語、書道など定番の習い事から、最近はプログラミングを取り入れているところもあります。その他、ピアノや絵画など芸術系の習い事が選択できるところもあります。

またプール施設があるところでは、スイミングが可能なところも。他に、体操やダンス、サッカー教室など体を動かすレッスンを行っているところもあります。
厳密には習い事とは異なりますが、塾のように学習指導を行う学童保育もあります。基本的なプログラムに加えて、クッキングスクールや会社見学といった特別プログラムが開催されることもあります。

こういったさまざまな習い事の中から、子どもたちは自由に好きなものを選ぶことができます。習い事へ向かう際は、基本的には同じ施設内での移動となるため、効率よく、また安全性も高いと言えます。

保育料金とは別に習い事料金がかかりますが、学童保育とは別に外部の習い事に通うことを考えるとお得な料金設定となっており、また子どもの移動が少なく負担にならないことを考えると、納得のいく金額となっています。

家庭のライフスタイルに合わせた学童保育を使おう!

共働きのため送迎ができず、子どもの習い事を諦めていたというご家庭は多いのではないでしょうか。また、なかなかお子さんの勉強を見てあげられないということもあるのではないでしょうか。

民間の学童保育を利用すれば、お子さんにしっかりと学習習慣をつけさせることができ、またさまざまな習い事を体験させることが可能です。サマーキャンプなど、普段はなかなか体験できるチャンスがないイベントに参加することも可能です。

しかし、自治体の学童保育が月額で5千円程度なのに比べ、民間は利用料が高額になるのがデメリットです。入会金が1万円から3万円程度かかり、月々の利用料金も、利用日数によって変わりますが、だいたい3万円から5万円程度はかかります。これに習い事やイベント参加のオプションが加わると、さらに高額になるため、共働きしているからと言って簡単に出せる額でない場合もあるでしょう。

それぞれの家庭によって事情はさまざまです。施設によって料金やサービスの内容は異なりますので、いろいろなところに見学に行ったり、実際に利用しているお知り合いに内容を聞くなどして、お子さんと家庭にとって最適なチョイスをしましょう。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと2日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す