国立小学校受験の対策方法とは?私立との違いや試験内容も解説!

国立小学校とは、国立大学法人によって設置・運営されている小学校です。

教育実習・教育研究などで教職員を養成する場でもあることから、新しい教育方法に試験的に取り組むことも多く、先進的な教育を受けられところも魅力の1つ。私立小学校と比べて学費が安く、学習に集中できる環境が整っていることもあり、教育に関心の高いパパママに人気です。

国立小学校と私立小学校にはどんな違いがあるのでしょうか?また、国立小学校の試験内容・対策方法についても調べました。

キャンペーン終了まで、あと7日!
4月のキャンペーン

国立小学校と私立小学校の違いは?

小学校は義務教育です。何もせずともその年になれば、公立小学校へ通うことができます。しかし、そこであえて受験をして小学校に入る子どもたちもいます。

そんな子どもたちが目指す、国立小学校と私立小学校。この2つには、どんな違いがあるのでしょうか。その特徴を比較していきましょう。

学費

国立小学校

公立小学校と同じく授業料は無償
独自の授業内容で使う副教材費や制服代などで年間約10~40万円

私立小学校

授業料・制服代・施設利用料などで年間約70~100万円

通学区域

国立小学校

通学区域に厳しい制限がある
受験のために一時的に住所を移す・通学時に自家用車での送迎をすることは認められていない

私立小学校

通学区域を制限している・していないは学校による

学習内容

国立小学校

教育研究や教育実習などで独自のカリキュラムで行う
同じ学年でもクラスによって授業の進め方が違う場合も

私立小学校

公立小学校に比べると主要教科の学習時間が多い
学校の理念に基づいたカリキュラムが組まれている
学力別にクラス分けをして、子ども一人一人に目が届くような学習環境が整っている

選考方法

国立小学校

ペーパーテスト・運動テスト・行動観察・親子面接など
合格者の中から抽選が行われ入学者を決定
人気の高い国立小学校では、試験前に抽選が行われ受験できる子どもを選び、試験後さらに合格者の中から入学者を決定する抽選が行われることも

私立小学校

ペーパーテスト・運動テスト・行動観察・親子面接など

国立小学校の試験内容は?

国立小学校の入学試験では、どんなことが行われるのでしょうか。学校によって内容はに違いはありますが、入学者を決めるために、次のようなことを行います。

ペーパーテスト

  • いくつかのイラストから仲間外れを探す「知識」
  • どちらが多いかを比較する「数量」
  • 動物や植物の名前が正しく書けるまたは言える「言語」

個別テスト

カードを数枚見せられてから話を作る、質問に答えるなど

試験官と一対一で行われます。

運動テスト

跳ぶ・走る・投げる・マット運動など

運動能力と先生の指示がきちんと聞けているかなどを見ます。

行動観察

グループで自由遊びや共同作業をさせて、その子どもの特性を見ます

最近では、行動観察を重要視する学校が増えているそうです。

制作

紙をちぎる・ひもを通すなどで手先の器用さを見る

服をたたませてしつけ面のチェックを行うこともあるそうです。

面接

「親子」「保護者のみ」「子どものみ」と学校によって違う

保護者に対しては志望動機・家庭での教育理念・環境・子どもにトラブルが発生したときの対応など。子どもに対しては名前・生年月日・電話番号・学校までの道順・得意なことなどが質問されることが多いそうです。

国立小学校に受かるための対策は?

国立小学校受験に受かるためには、家・塾でどのような対策をすれば良いのでしょうか。

家でできる国立小学校受験対策

問題集

志望校の問題集で傾向と対策をしっかりと把握して、取り組ませると良いでしょう。

お手伝い

洗濯物をたたむ・新聞と取りに行く・野菜を洗うなど、子どもがやりたがることをさせてあげましょう。毎日でなくても、やりたいときにやらせてあげるといいでしょう。

自分のことをできるようにする

整理整頓や出かけるときの準備など、任せられる部分はどんどんやらせてあげましょう。どうしてそれが必要なのかを理解させる訓練にもなります。

一緒に出かける

近くの公園や水族館・動物園などで自然に触れさせてあげると大きな刺激となり、知らないことをどんどんと学ぼうとする意欲・好奇心を育てることができます。また、電車やバスなど公共交通機関を利用して、乗り方やルールを教えてあげるのもいいでしょう。

塾で出来る国立小学校受験対策

面接の練習ができる

パパママではなく、先生などを相手に塾で練習ができることで、本番の雰囲気になれることができます。

志望校の情報が手に入る

小学校受験の情報は、自分で探そうとしてもなかなか見つかりません。塾には過去の実績を元にしたデータ・情報があるので受験対策がたてやすくなります。

力みすぎずに受験にチャレンジを!

国立小学校受験は公平に入学者を決めるために抽選が行われます。成績が良くても抽選で外れてしまうと不合格になってしまいます。抽選で落ちてしまったときのパパママは、かなりショックを受けるかもしれませんが、子どものために落ち込まないようしましょう。

国立小学校は、研究の場でもあるので協調性のあり、自分のことは自分でできる子が向いています。子どもが国立小学校の環境に向いていると思ったなら、気負いすぎることなく、挑戦してみるのもいいのではないでしょうか。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと7日!
4月のキャンペーン

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと7日!
4月のキャンペーン
4月のキャンペーン