「月刊ポピー」の料金は?幼児から小学生までの全コースを網羅!

「月刊ポピー」は1973年に創刊した家庭学習教材です。幼児向け・小学生向け・中学生向けと年齢や学年に合わせたラインナップで、毎月、自宅に届く教材で、子どもたちに必要な学習をサポートしています。

多くのパパやママに支持されている理由には、コストパフォーマンスの良さがあげられます。年齢・学年に適した良質な教材、学習相談などのパパママ向けサポートなど、内容の充実ぶりに対してリーズナブルな料金は魅力的。

今回は、幼児向けの幼児ポピー「ポピっこ」と、小学生向けの「小学ポピー」をピックアップ。教材の内容と料金をまとめました!

キャンペーン終了まで、あと7日!

親子2代の愛用者も!「月刊ポピー」ってどんなもの?

40年以上もの間、多くの家庭で愛読されている「月刊ポピー」。成果を実感したパパママが「わが子にも!」と申し込むケースも多く、実績と信頼の裏付けとなっています。

2歳から小学校に上がる前の未就学児用には、子どもの知識・情操・意欲をバランスよく育てる幼児ポピー「ポピっこ」、小学1年~6年生向けには学校の教科書に沿った家庭学習ができる「小学ポピー」が用意されています。

編集・出版を行っているのは、全国の小・中学校のテストやドリルなどの副教材を手がける新学社。「月刊ポピー」には教育教材のノウハウが生かされており、子どもたちが成果を実感し「学ぶことが好きになる」工夫が満載です

シンプルでわかりやすい料金体系!

幼児ポピー「ポピっこ」、小学ポピーともに、料金はシステム会費制で、毎月届く教材のセット、子育て・学習に役立つ各種サービス・イベントなど、すべて含まれています。

入会金や年会費も必要なく送料も一部地域を除き無料なので、表示されている金額以外の費用はかかりません。

金額は学年や年齢によって異なりますので、下の表をチェックしてください。

幼児向けのポピーは年齢別の幼児ポピー「ポピっこ」

2歳から6歳(年長)まで、成長に合わせて4段階の教材を用意している幼児ポピー「ポピっこ」

幼児ポピーは脳科学の専門家・篠原菊紀教授や、幼児運動の専門家・栁澤秋孝先生の監修・指導のもと教材を作成し、親子でふれあいながら、「こころ・あたま・からだ」をバランスよく育てていくことができる教材が揃っています。

【特徴1】シンプルな教材構成

幼児向けの教材にありがちなDVDや、おもちゃのような付録は届きません。

ポピーには画面を見せるだけの一方通行になりがちな映像教材はなく、声がけやふれあいなど親子でのやりとりのなかで、言葉や思考力を身につけてほしいと願っています。

また、「付録は溜まってしまう」「遊ぶのははじめだけ」という多くのパパママの声から、余計な付録はつけないシンプルな教材構成になっています。

【特徴2】パパママと一緒に!

年齢によって関わり方は変わってきますが、幼児ポピーは親子のふれあいを大切にしています

たとえば、2・3歳では遊びを通じて親子の絆を育み、年少さんになる3・4歳では子どもの好奇心を刺激しながら工作やごっこ遊びなども親子で楽しみます。

小学校入学前には徐々に学習的な要素も増えてきますが、幼児期はいつでもパパママが一緒に取り組める内容になっています。

小学生向けのポピーは学年別の「小学ポピー」

小学1年~6年までの家庭学習をサポートする「小学ポピー」。毎日の勉強に取り組みやすいよう、学習の流れはとてもシンプルです。

★小学ポピー・学習の流れ

①ワーク:学校で習ったことを復習します
 ▼ ▼ ▼
②まんてんチェック:学習内容が身についたか確認
 ▼ ▼ ▼
③テスト:月1回のテストでさらに再確認します

学習は習った直後は100%覚えていても、1日経てば約50%、1週間経つと約70%も忘れてしまうという研究結果が発表されています。しかし、すぐに復習すればほとんど忘れることはないそうです。

「今日習ったことはその日のうちに復習する」ための教材として、小学ポピーはさまざまな工夫を施し、子どもが自ら学ぶ力を育てています。

【特徴1】教科書に対応した教材で復習

小学ポピーは小学1・2年は国語と算数小学3~6年生は国語・算数・理科・社会の4教科のワークとテストが届きます。

いずれも学校で使用している教科書に対応。ワークもテストもページ上に教科書のページが表記されているので、その日習ったページに取り組むことができます。

復習すれば学習が定着し、テストでの良い結果に繋がります。成果が実感できるので、子どもたちのやる気が上がり、勉強にも積極的に取り組めるようになります。

【特徴2】学年ごとに学習の仕方を変える

6歳から12歳までの6年間、成長に合わせてパパママの関わり方も変わってきます。「小学ポピーでは、小学1・2年生は親子共同学習、小学3・4年生は進んで学習、小学5・6年は自発学習と、段階的に子どもが「自ら学ぶ力」「学習習慣」が身につくようにしていきます。

「小学ポピー」には添削がありません。教材と一緒に届く「答えとてびき」を見て、パパママが丸付けしてください。そうすることでつまずきや理解不足を把握できますし、できたときには思いっきり褒めることもできるのです。

褒められて嬉しいのは1年生でも6年生でも同じです。子どもの学習に適切な距離でパパママも関わっていくことが大切です。

詳しい内容と教材の詳細は「おためし見本」でチェック!

幼児から小学生、小学生から中学生と継続して学習している子どもたちがたくさんいるのは、手頃なシステム会費制であることも大きな理由に挙げられていますが、なにより「成績が上がった!」「苦手科目がなくなった!」という子どもたちに見える成果があるからです。

子どもが取り組めそうか、まずは「おためし見本」で確認してみませんか。年齢・学年別の詳しい教材についての資料も一緒に届きますので、ぜひ検討してください。申込みは下のボタンをクリックしてくださいね。

無料見本申し込みはこちらから
友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと7日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと7日!