幼稚園受験って何が見られるの?親ができる準備や心構えは?

3歳以上の未就学児が集団生活で過ごす場所「幼稚園」。子どもにより良い環境で過ごしてほしいと「幼稚園受験」を考えるパパママが増えています。

我が子を大事に思う親ほど、するべきかどうか迷ってしまう幼稚園受験。実際には、どんな試験内容で、なにが評価されるのでしょう?今回は、そんなパパママの疑問に答えつつ、いつから、どんな準備をしたら良いのかまでまとめてみました。

キャンペーン終了まで、あと10日!
友だち追加

「幼稚園受験」の考査でみられることとは?

「考査」とは子どもたちに運動や遊びをさせ、年相応の能力があるのか、幼稚園サイドとして入園させたい子どもなのかを審査すること。幼稚園によって考察内容は違いますが、一般には以下のような項目があります。

◆運動 | 跳び箱・マット運動・体操など

  • 跳び箱の昇り降りができるか
  • マットの上を転がれるか
  • 音楽に合わせて踊れるか など

◆知能 | パズル・話の記憶・質問など

  • 簡単な話をどれくらい記憶できるか
  • 少ないピースのパズルを完成させられるか
  • イラストを見ながら質問に答えられるか など

◆創作 | お絵描き・工作など

  • クレヨンや色鉛筆を使ってのびのびと絵を描く
  • 粘土や折り紙で好きな物を作る
  • 描いた絵や作った工作について説明する など

◆生活習慣

  • 着替え・片付けができるか
  • 基本的なあいさつができるか
  • 交通ルール・食器や調理の名前などが言えるか など

◆行動観察

3~10人くらいのグループで子どもたちを自由に遊ばせ、その様子を観察します。途中、試験官が指示を出し、その指示どおりに行動できるかなども審査されます。

園によっては、親子の関係性を見るための「親子遊び」を採り入れている場合も。いずれも、幼稚園受験では重要視される考査項目です。

◆面接

  • 面接形式のパターン……親のみ/子どものみ/親子で
  • 子どもへの質問内容……名前・年齢・好きな食べ物・試験会場まではどうやって来たのかなど
  • 保護者への質問内容……幼稚園への志望動機・家庭での教育方針・父親と母親の家庭における役割など

「幼稚園受験」親がすべき準備3項目

子どもに幼稚園を受験させるために、パパやママができることをまとめてみました。

【1】幼稚園選び

教育方針・環境や設備などを検討して、子どもに合う幼稚園を探しましょう。可能であれば見学会や公開保育に参加して園の雰囲気を実際に見ておくといいでしょう。

【2】願書の準備

毎年、9~10月になると願書の配布が始まります。願書の入手方法は幼稚園によって違い、直接園に取りに行く・市町村窓口での配布・インターネットによるダウンロードなどがあります。

願書には、子どもの写真だけでなく家族写真の添付を求める園もあるようです。はっきり写っている写真を選びましょう。

【3】面接の準備

親の面接で重視されるのは「幼稚園の教育方針をどこまで理解しているか」だと言われます。

幼稚園側は、園と家庭の教育方針が一致していることを望んでいます。入学願書やパンフレットなどを熟読し、「志望理由」を問われたときに備えましょう。

園によっては、社会情勢や時事問題についての質問をするところもあるので、ニュースのチェックも忘れずに。

「幼稚園受験」子どもにしておきたい4項目

幼稚園受験は、少し前までベビーだった子どもが初めて経験するハードルです。子ども自身の受験準備も、パパママがしっかりと行いましょう。

【1】母子分離

幼稚園受験では、両親と離れた状態で子どもがどのような行動を取るのかを見る「行動観察」という考査があります。

慣れない場所で大好きなパパやママと離れるのは、子どもにとっては不安なこと。少々泣いてしまう程度なら問題はありません。ただ、先生が優しく声をかけたり、遊びをうながしても激しく泣き続ける場合は、親の期待が大きすぎる、過保護・過干渉とみられる可能性も。

母子分離をスムーズに行うためには、パパママが子どものそばを離れる時は必ず声をかける。また、泣いても叱らず「ママ(パパ)はここにいるよ」と声をかけて安心感を与えるようにするといいそうです。

【2】生活習慣

園での集団生活に対応するために、子どもには自立した生活習慣を身につけさせる必要があります。以下の項目を習得し、かつ子どもが自然に振る舞えるように、早めに練習しておきましょう。

  • 時間や約束が守れる
  • きちんとあいさつができる
  • 善悪の判断ができる
  • お片付けができる
  • 最低限のルールやマナーを知っている

【3】言葉使い

この時期の子どもの言葉の発達には個人差があり、受験当日を迎えても幼児語が残っている子どももいますが、そこはあまり気にしなくてもいいようです。

大切なのは、「人の話をちゃんと聞けること」「会話が成り立つように答えられること」。また、幼児語が残っているのは構いませんが、乱暴な言葉使いは身につけないように、日頃から気をつけた方がいいでしょう。

【4】面接の練習

礼儀正しく挨拶ができる・質問に対してハキハキとした声できちんと答えられるように練習しておきましょう。またダラッとした姿勢にならないように、綺麗な姿勢を保てるようにすることも大切です。

「受験する!」と決めたら親子でしっかり取り組んで

幼稚園受験でどのようなことが問われるかをまとめてみましたが、考査でチェックされるポイントは、どれも日常生活の中で身につけることが出来ることばかりです。受験だからといって必要以上に身構えるのではなく、まず、パパやママがきちんと子どもと向き合うことが出来ているか、子どもをただ可愛がるだけではなく、自立にできるようにきちんとしつけをしているかを振りかえってみましょう。

また、いくら評判の高い幼稚園に合格しても、幼稚園の相性が悪ければ子どもにとってはツラいばかりです。幼稚園選びはとても大切なことなので、出来るだけ多岐に情報を集め、本当に我が子に合う幼稚園かどうかを見極めてあげてくださいね。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと10日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと10日!