子どもサッカースクール徹底比較!料金や口コミ・評判は?リベルタ×クーバー×CTT

「サッカー」を習い事としてはじめる子どもが増えています。地元のスポーツ少年団が中心だった習い事としての環境も、民間スクールやクラブチーム直営のジュニアチームが登場するなど多彩になってきました。

ただ、選択の可能性が広がった反面「どこに着目してスクール選びをすれば良いの?」と戸惑っているパパママも。そこで今回は、全国に拠点を持つサッカースクール「リベルタサッカースクール」「クーバー・コーチングジャパン」「CTTサッカースクール」の3校を比較してみました。

特色から料金、口コミ・評判や体験レッスンの内容を徹底比較!昨今のサッカースクール事情も併せてお伝えします。

目次

知っておきたい!昨今のサッカースクール事情

子どものサッカースクールを選ぶとき、まず知っておきたいのが、子どものサッカースクールには大きく分けて3つのタイプがあるということです。

スクールのタイプやレベルによって練習方法や活動内容にも違いが出てくるので、ここを把握するところから始めましょう。

1.スポーツ少年団


小学校や近隣のグラウンドなどを利用して練習を行っている、“地域の少年サッカーチーム”という風情です。日本体育協会という公益法人が設立した団体で、小学校単位でチーム登録を行って試合などに参加しています。

コーチは、“地域のサッカーお父さん”的なボランティアのケースが多く、練習や試合・遠征などを行うときに保護者のサポートが求められます。かかる費用や料金は全体的にリーズナブルです。

2.地域や民間のサッカースクール

“習い事としてのサッカー”に最も近いイメージ。民間企業やそのあと押しを受けた元サッカー選手、体育指導者などが主催しているスクールが多く、指導方法や理念、レッスン内容などもスクールによって千差万別。体験レッスンの受講はマストです。

個人の技術を磨くことに特化し、試合への参加は行っていないところもあります。保護者のサポートを必要としないいわゆる“スクール”なので、月謝なども一般的な子どもの習い事と同等程度です。

3.クラブチームが運営するスクール

Jリーグの下部組織など、プロのスポーツ関連団体が運営しているスクール(チーム)です。試合で勝つことを重視しているチームなどでは選抜テストでふるいにかけられることもあり、「将来はプロに!」など、本気度が高い子どもに向いています。

小学生だけでなくジュニアユース(中学生)、高校生、社会人のチームまで有するところもあります。費用面での負担は、3タイプのスクールの中で一番高くなります。


▼▼コドモブースターのこちらの記事▼▼でも解説しています!

今回ピックアップした3校の特徴は?

「リベルタサッカースクール」
「クーバー・コーチングジャパン」
「CTTサッカースクール」


今回は、全国展開をしている上記3スクールを特色やかかる費用、口コミなどから比較しました。いずれも無料体験レッスンを行っているので、実際にお子さんを参加させてから入会を決めることが可能です。

まずはそれぞれの概要をチェックしていきましょう。

◆リベルタサッカースクール

特定非営利法人JJFC(日本子ども未来競技会)が運営するサッカースクール。法人全体で10種目のスポーツスクールを展開しているので、2種以上のスポーツの掛け持ち受講も可能。

理念は「子どもたちのココロに体力を」。スポーツを通して子どもたちの強い心を育てること、大人になってから人生を豊かにしてくれる“非認知能力”を育むことに重きをおいています。

  • 拠点数 :全国に1300拠点以上
  • 対象年齢:2歳〜小学6年生(拠点により異なる)
  • 無料体験:あり
無料体験/お問い合わせはこちらから

◆クーバー・コーチングジャパン

1970年代後半にオランダ人のサッカー指導者ウィル・クーバーが提唱したメソッドを元に指導を行っているスクール。FIFA公認で日本のみならず世界33ヵ国で展開しています。

独自の「プレイヤー育成ピラミッド」を元に徹底して個人の技術を高めるカリキュラムを実践。技術と自信を備えたクリエイティブな選手の育成を目指すスクールです。

  • 拠点数 :全国に144拠点
  • 対象年齢:3歳〜中学3年生(拠点により異なる)
  • 無料体験:あり
体験の申し込みはこちらから

◆CTTサッカースクール

一般社団法人日本スポーツインストラクター協会が運営するサッカースクールで、サッカー技術の習得のみならず、知・徳・体(=CTT)の“3育”に力を入れる独自のメソッドが特徴的です。

エデュケーショナルサッカー「エデュサカ」を標榜し、サッカーを通した人間力形成、ポジティブな言葉遣い(ポジティ語)の推奨、ルールやマナーの徹底などで保護者からの定評があります。

  • 拠点数 :関東圏を中心にに33拠点
  • 対象年齢:3歳〜小学6年生(拠点により異なる)
  • 無料体験:あり

★なお、本記事の内容は「コドモブースター」に掲載されている教室データに基づいて作成しています。

体験の申し込みはこちらから

3スクールを月謝・料金で比較

◆入会金や月謝で比較すると?

スクールに通うためにかかる料金や費用は、習い事を長く続けるためにも重要な要素です。

まずは、3スクールで月間/年間に必要なお金を見てみましょう。ここでは週1回レッスン(練習)に参加する場合で比較してみました。

いずれのスクールも小学生時代までの月謝は1万円を切っていて、比較的支払いやすい金額設定となっています。3スクールとも年会費が必要なのは、万一に備える「スポーツ保険料」へ加入するからという理由が大きいようです。

◆試合やイベントなど月謝以外の料金は?

ランニングコスト以外で必要な費用についてはどうでしょう? 強いサッカーチームほど強化合宿や遠征試合などを頻繁に行うため、「想定していたよりお金がかかる!」ということが少なくないようです。

下記の表に記載したのは、1回あたりの平均的な参加費です。スクールによって開催回数が異なるので、トータルで必要なお金は何回参加するかによって変わってきます。

3スクールをレッスンスタイルで比較

次に、3スクールが普段どのようなレッスンを行っているかで比較してみましょう。

◆リベルタサッカースクール

  • サッカー初心者でもウェルカム。まずは「サッカー大好き!」という気持ちを大切に、楽しみながら上達することを主眼においています。
  • 低学年、高学年(拠点によっては未就学児クラスの「キッズ」も)といった大まかなクラスわけを敢えて行っているのは、異学年の子どもたち同士が交流する場としての機能も狙っているから。
  • モットーは「褒めて伸ばす」。コーチはアルバイトやボランティアではなく、全員が安全指導講習を受けた正社員のプロコーチ。教員免許や体育指導の資格を持った子どもを教えるプロフェッショナルも少なくありません。

◆クーバー・コーチングジャパン

  • 技術の習得、レベルアップに主眼をおいているクーバー・コーチングジャパンでは、学年ごとのクラスわけを行い、その年齢の体力や成長に合わせたきめの細かい指導を行っています。
  • ボールコントロールの上達スピーディな判断力の強化1対1場面でのテクニックなど個人の技能を磨く練習を行ったあと、ミニゲームで実践を行います。
  • メソッドがしっかりと決まっている世界展開のスクールなので、クーバー独自の養成プログラムを修了したコーチのみが採用されます。指導法や救急対応のみならず、栄養学や児童心理まで習得しています。

◆CTTサッカースクール

  • CTTは「知(CHI)・徳(TOKU)・体(TAI)」の頭文字。この3つの力を鍛えるために、技能練習(体育)のみならず、トランポリンを使った知育、ユニークな「あいさつマット」を用いて礼儀作法を身につける徳育などにも力を入れています。
  • 集団行動のルールを学びながら、自然に楽しくサッカー技術が身につけられるレッスンが行われています。個人の技術の習得についても、一人ひとりに合わせた段階的な目的が設定され、目標達成の喜びと共に無理なく上達できる工夫がされています。
  • コーチの満足度100%を誇るCTTでは、1ヵ月受講して満足できない場合は、すべての費用を返金する「満足度保証制」を行っています。

3スクールを保護者の口コミ・評判で比較

スクールのリアルな実際がわかるのは、やはり通っている子どもやパパママたちからの声を聞くこと。レッスン内容をチェックするだけではなかなかわからない、スクールの雰囲気や想定していなかった部分での子どもたちの成長などをスクールごとの口コミ・評判から探ってみましょう。


★なお、掲載の口コミは「コドモブースター」に寄せられたパパママの声より抜粋しました。

◆「リベルタサッカースクール」を利用したパパママからの口コミ・評判

小学2年生男子のパパ

「自分たちで準備をし自分たちで片付ける」。そういった習慣を身につけることで、学校でもリーダーシップをとるようになりました。コーチは毎回練習スケジュールを考え、また定期的に他チームとのサッカー大会を実施したりと、いつの間にかサッカー漬けの日々を送っています。そんな中で子どもたちは常に自分がやれることを考え積極的に物事に取り組むようになりました。それを見たコーチからの誉め言葉で、さらにやる気になるようです。

小学5年生男子のパパ

サッカーの技術は一つひとつ丁寧に教えてくれるうえ、ゲーム形式も取り入れるなど、実践的に指導してくれます。 生活面でもあいさつや片付けなどの礼儀を指導してくれています。最近では、身の回りのことを自分でやるようになり、積極性がなかったのですが、自分からリーダーを引き受けたりするようにもなりました。

小学4年生女子のママ

子どもに合わせた指導をしてくれるので、楽しんでやっています。合宿の時にはランクアップテストもあり、新しいソックスがもらえるのもやる気アップにつながっているようです。最近では「バウンドリフティングが何回できたよ!」とうれしそうに教えてくれました。

無料体験/お問い合わせはこちらから

◆「クーバー・コーチングジャパン」を利用したパパママからの口コミ・評判

年中女児のパパママ

兄が先にお世話になっていて、妹も幼稚園年中になってクーバーに入りました。クーバーに参加してからは、がんばること、グランドを思いっきり走り回ることや大きな声を出すことができるようになりました。娘自身、クーバーでのサッカーは何をやっても楽しいようですが、「シュートを入れることが一番楽しい」とうれしそうに言っています。ガールズキャンプが開催されているのも良いですね!

小学5年生男子のママ

4年生10歳の冬からスタート。試合で通用する個々の力をつけたいと思い、所属チーム以外で技術を教えてくれるスクールを探していたところ、サッカー仲間の口コミでとても良い評判だったので入学しました。早い切り返しや判断力が身に付き、ゲームに必要なテクニックが実践でいかせるようになりました。

小学4年生男子のパパ

普段のトレーニング内容も良いのですが、キャンプでは違った環境で親元を離れてサッカーができるので、ぜひ参加させようと思いました。「自分で!」という意識が出てきたように感じます。キャンプでは他県の子たちとも仲良くできて、すごく楽しく参加できました。「ドリブル」「1対1」「2対2」などのスキルを、本人が「身についてきた」と実感できているところです。

体験の申し込みはこちらから

◆「CTTサッカースクール」を利用したパパママからの口コミ・評判

年中男児のママ

練習中に他の生徒がコーチに褒められているのを見て、「自分も褒められたい」とお手伝いをするようになりました。スクール独自の「わくわくチャレンジシート」を通してさらに意欲的になったようです。最近では、ふざけている子に声をかけるなどするようになり、チームで「小さなコーチ」と言われているようです。これからの成長が本当に楽しみです。

小学2年生男児のパパママ

CTTに入ってからドリブル技術が目に見えて向上し、自信がついたようです。入会当初はあいさつの声が小さく、疲れたらすぐにあきらめてしまうところがありましたが、練習やお泊まりキャンプなどを通して、一人で最後までできることが増え、人間的にも成長したと感じます。成長のきっかけは「あいさつマット」だったと思います。率先してあいさつすることを楽しむ姿勢が、積極性につながりました。

小学1年生男児・年中男児のママ

「しつけシート」「あいさつマット」といったサッカー以外でも子どもの成長をうながすものがあったり、コーチの子どもたちに対する接する力が高いところがCTTの魅力だと感じます。子どもたちから「行きたくない」と言われたことが一度もありません。プログラムがしっかりしていて、楽しみながら上達する工夫が素晴らしいと思います。

体験の申し込みはこちらから

3スクールを体験レッスンの口コミ・評判で比較

ここからは、リベルタサッカー、クーバーコーチング、CTTサッカースクール の体験レッスンを受講したファミリーからの口コミをご紹介。実際に体験した感想やメニューの構成、スクールやコーチの雰囲気などを比較してみましょう。

★掲載のコメントは、体験レッスンを受講された保護者のみなさんから、コドモブースターに寄せられた口コミ・評判を編集部が独自に集計・編集したものです。

◆「リベルタサッカー」体験レッスンの口コミ・評判

運動が苦手でも導入段階から丁寧に指導をしていきます。、楽しくスクールに通えるよう一人ひとりに合わせて指導をしていきます。

体験レッスンの流れ(一例)

挨拶、身体ならしの鬼ごっこ(10分弱)
  ▼▼
リフティングやボール慣らし(10分)
  ▼▼
キック練習ゲーム方式(10分)
  ▼▼
ゲーム前の子どもたちのミーティング(5分)
  ▼▼
ミニゲーム(20分)
  ▼▼
片付け・お話・挨拶(10分)

体験レッスンの口コミ・評判

・「子供達同士で上の年齢の子が下の子を面倒みてくれたり、チーム分けするときにキャプテンになったりと、サッカーだけでなくそういった成長によさそうな環境を作っていると思った」(小学4年生男の子のママ

・「素人目から見てもサッカー経験者だなと感じ、安心できました」(小学5年生男の子のママ

無料体験/お問い合わせはこちらから

◆「クーバーコーチング」体験レッスンの口コミ・評判

サッカーが初めてでも、既にサッカーをしていても大丈夫!クーバー・コーチングの練習を実際に体験してみてくださいね!

体験レッスンの流れ(一例)

ドリブル(15分)
  ▼▼
チームでドリブル(10分)
  ▼▼
1対1(15分)
  ▼▼
ミニゲーム3対3(15分)

体験レッスンの口コミ・評判

・「テンポがよく、子供を遊ばせないようにテキパキとレッスンしていました」(小学4年生男の子のパパ

・「サッカー教室は以前ほかにも体験に行ったことがありますが、比べ物にならないくらい足をたくさん使いレベルが大変高かったです。知り合いのサッカーが上手い少年も、偶然こちらに通っていました」(小学6年生男の子のママ

体験の申し込みはこちらから

◆「CTTサッカースクール」体験レッスンの口コミ・評判

CTTサッカースクールは、体験レッスンや体験会を通常のレッスンに参加する形で受け付けています。

体験レッスンの流れ(一例)

準備運動(10分)
  ▼▼
ドリブル(10分)
  ▼▼
シュート(20分)
  ▼▼
ゲーム(20分)

体験レッスンの口コミ・評判

・「どういう方法でやるのか、手本をしっかりと示し、話をしっかりと聞くように注意喚起しながら進めてくださった。少しでもやれたら褒めてヤル気を引き出してくれた。楽しむ部分と引き締める部分の緩急がしっかりしていました」(小学3年生男の子のママ

・「練習はしっかりやって、練習後はふざけあったりと、和気あいあいとやっていた印象です。コーチとの信頼関係も出来ていると感じました」(小学5年生男の子のママ

体験の申し込みはこちらから

チェックポイントを知って後悔のないスクール選びを!

3スクールの特徴や違いは伝わりましたか?みなさんの近隣で検討中のサッカースクールが今回取り上げられてなくても、入会前に見ておきたいポイントは共通です。改めて、チェックポイントをピックアップしてみましょう。

サッカースクール選びのチェックポイント
  1.  家から通いやすい距離で練習(レッスン)を行っているか
  2.  月謝など受講料は支払いできる範囲か
  3.  子どもが楽しくサッカーできる環境を作ってくれる指導者か
  4.  スクールの指導方針や理念が家族の目的と合っているか
  5.  子どもが意欲的に楽しく練習できそうか


せっかく始めた習いごと、長く通い続けてほしいですよね。そのためにも①〜⑤はマスト。データだけではわからないこともたくさんあるため、コドモブースターでは、気になるスクールを見つけたら体験レッスンの受講をおすすめしています。上記①〜⑤のポイントも体験すれば一目瞭然! たくさん受講すればリアルな比較検討材料にもなります。

お子さんにぴったりのサッカースクールが見つかると良いですね!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す