効果倍増!朝日小学生新聞の「活用ノート」で勉強ができる子に!

世の中の出来事をこどもたちにわかりやすくまとめた小学生向けの新聞のひとつ「朝日小学生新聞」。

読むだけでも幅広い知識をもつことができますが、さらに内容を理解を深めるためにの学習ツールとして新聞と一緒に手元に置きたいのが「活用ノート」です。毎日新聞を読むだけでなく、音読・書き写し・要約を行なうことで学習習慣が身につき、中学受験の読解問題、記述問題対策としても役立つと内容になっています。

ここでは、朝日小学生新聞の「活用ノート」でどんなことができるのか、使い方とともに詳しくみていきましょう!

朝日小学生新聞の「活用ノート」とは?

朝日小学生新聞は毎日届く、小学生向けの新聞として1967年に創刊されました。すべての漢字にふりがなが付いていて読みやすく、時事ニュースはもちろん、マンガやコラム、英語レッスンや受験問題まで、バラエティ豊かな内容が掲載されています。

「活用ノート」は、朝日小学生新聞に掲載されている「天声こども語」「ニュースあれこれ」を1ヵ月分スクラップしたり、書き写したりできるノートです。「天声こども語学習ノート」と「朝小活用ノート」という2冊に分かれていたものが1冊にまとめられたもので で、これまでよりも学習に取り組みやすくなったと評判の学習ツールです。

「天声こども語」と「ニュースあれこれ」をノートに設けられた貼り付けスペースにスクラップして貼り、音読したり、書き写して内容を把握するとともに、要約をまとめる練習を行います。これを毎日繰り返すことで学習習慣が身につき、読解力記述力が養うことができます。

「活用ノート」で伸びる力

毎日届く朝日小学生新聞。新聞はどこから読んでもOKですが、「活用ノート」を行なうためには、届いたその日のうちに、「天声こども語」「ニュースあれこれ」を読む習慣をつけましょう。

ふりがなが付いているので、低学年でも一人でも読むことができます。パパママがいるときには、音読をするようにしてください。スムーズに読めているか、つまづくところがどこなのか、意味がわからない単語が何か、確認することができます。

そして、ノートの専用スペースに書き写し、要約や感想を書いていきます。これを続けることで、言葉遣いや漢字を覚えることができ、読解力・思考力・記述力などを高めていくことが期待できます。

勉強しよう!と意気込むのではなく、毎日、気になる記事を読んでいるだけでも漢字に強くなりますし、まとめることで養える読解力は国語だけでなく、算数や理科などほかの教科での理解も高まりますから、テストや受験対策になりますがら、日々の学習に最適です。

【使い方その1】「天声こども語」をまとめてみよう!

「天声こども語」は、朝日新聞に掲載されている「天声人語」の子ども版。ニュースや季節の話題をもとにしたコラムで、朝日新聞のベテラン記者が毎回374字で執筆。日曜と水曜の週2日掲載されています。

◆「活用ノート」では次のことを行ないます。

記事を貼りつける

 新聞から記事を切り取って貼り付けます。

タイトルをつける

 記事を読んで内容を表す言葉を短い言葉を考えます。タイトル付けは文章の意味を理解し、読み解く力を養えます。うまくできるようになればその力が身についたといえます。

記事を書き写す

 マス目に記事を書き写します。句読点や改行を表す▼マークも1文字として書いていきます。書き写すことで内容を理解度が高まりますし、漢字を覚えたり、文章の構造が身につきます。

気になる単語を3つ出して意味を調べる

 記事の中で分からなかったり、知りたいと思った単語を3つ書き出し、それぞれの意味を調べます。何がわからなかったのか自分で把握し、調べることで語彙力が豊かになります。

要約・感想を書く

 内容の要約や感想を書くスペースです。要約は内容の理解度を確認することができます。ここまでを一つの流れとして行なうことで集中力も身につきます。感想が書くことで、自分で考える力や表現力が身についていきます。

【使い方その2】「ニュースあれこれ」をまとめてみよう

「ニュースあれこれ」は、日々の大事なニュースをコンパクトにまとめたコーナーで、毎回2~3本掲載されています。1本200文字前後で、月曜以外は毎日掲載されています。

◆「活用ノート」では、次のことを行ないます。

記事を貼りつける

 新聞から記事を切り取って貼り付けます。

気になった記事を書き写す

 2~3本掲載されている記事の中から一つを選んで書き写します。毎日、書き写しているうちに丁寧に文字を書けるようになったり、漢字を覚えられたり。文章の構成を学ぶこともできます。

知らなかった言葉を書き出す

 文章を読むなかで知らなかった言葉や、気になったワードを書き出し、それについて調べてその意味や内容を書いておきます。調べることで覚えることができ、身につきます。

感想を書く

 記事の内容を理解し、自分の言葉でまとめることで思考力・記述力が身につきます。ここまでを日々、繰り返し行なうことで、短時間で文章の大意をつかむことができるようになるので、テストや受験のときにその力を発揮することができるでしょう。

パパママに見せる

 「おうちの人から一言」のスペースがありますので、パパママのコメントも書いてあげましょう。こどものモチベーションが高まりますよ。

活用ノートの購入方法は?料金はいくら?

朝日小学生新聞は、地域を担当するASA(朝日新聞販売所)と契約すれば毎日配達されます。

購読料
月ぎめ1769円(税込)

活用ノートの購入には2種類の方法があります。


① 1冊単位で購入
1冊 216円+送料100円

② 3冊まとめて購入
3冊セット 648円+送料100円

★いずれも税込価格です。

新聞を配達しているASA(朝日新聞販売所)に依頼するか、朝日小学生新聞のホームページに直接申し込めば購入できます。
1ヵ月分がまとめられるので、月はじめの1日からのスタートがおすすめ。自宅に届くまでに1週間ほどかかるので、余裕をもって申し込みしましょう。

朝日小学生新聞と活用ノートを毎日の習慣に!

「朝日小学生新聞」は、日々世の中で起きているさまざまな出来事や話題に興味をもつことができ、学校や家庭の中にとどまらない広い視野をもった子どもを育むことができます。

今の小学生たちが直面する2020年の教育改革では、大学入試で記述問題が取り入れられます。新聞の記事を読み解き、理解し、まとめることで、毎日の学習にプラスになるだけでなく、将来に向けた準備も行えます。

朝日小学生新聞で読む習慣を身につけ、活用ノートで国語力を育みましょう。新聞の購読はこちらから!

購読のお申込みはこちら
友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す