幼稚園受験はいつから何を準備するの?服装や塾に通う必要は?

子どもの人生で初の受験となる「幼稚園受験」。パパママにとっても初めてという場合は、どのような仕組みや流れで行われているのか、実際のところはいまいちよくわからないのが現状ではないでしょうか。「面接では、両親とも全身紺のコーディネートじゃないと落ちるの?」「両親が共働きだと不利ってホント?」などなど、ウソのようなホントのような都市伝説もたくさん!

そこで今回は、幼稚園受験ではいったいどんなことをしているのか、準備はいつから進めればいいのか、気になる面接時の服装や塾に通う必要性について考えてみます。子どもの幼稚園受験を考えているパパやママはチェックしてくださいね。

キャンペーン終了まで、あと10日!
友だち追加

幼稚園受験ってどんなことするの?

そもそも、受験を行っている幼稚園は有名大学の「付属」という位置づけであることが多く、入園するとそのままエスカレーター式で小学、中学、高校、大学へと進むことができるため、環境の変化や受験などの大変さにあまり子どもを触れさせたくないと考える親が希望することが多いです。いわゆる「お受験」が過熱しているのは、子どもの数も多い首都圏の附属幼稚園であることが大半。地方では、書類の提出と簡単な面接を行って、定員をオーバーしたら抽選…というケースも少なくありません。

選考(受験)のある幼稚園では、テストと面接を行うことが多いようです。

テストではどんなことをするの?

テストは「考査」とも言われるもので、パパママから離れたところで子どもを遊ばせるなどして、規定通りの行動ができるかを確認します。幼稚園によっては、親子で遊んでいる様子を観察されることもあるようです。幼稚園受験で実施されるテストには以下のようなものがあります。

・行動観察・・・自由遊び、先生と遊べるかなど
・知能観察・・・パズル遊び、お話が上手にできるかなど
・運動観察・・・マット運動など
・生活習慣・・・手洗い、お片付けができるかなど

面接で聞かれるのはどんなこと?

一方面接は、親子面接、親のみ面接・子どものみ面接と、幼稚園によってスタイルがわかれるようです。中には、両親が揃っていることが必須!というところも。面接で聞かれることは主に次のような内容です。

  • この幼稚園を受験したい理由
  • 家庭の教育方針
  • パパママの趣味や仕事について
  • 休日の過ごし方
  • 普段の生活の様子
  • 幼稚園に希望していること


いずれも難しく考える必要はありませんが、園の方針と大きくずれていないかどうかを確認されます。

子どもへの質問は、次のように答えやすい簡単な質問が多いです。

  • 自分の名前や年齢
  • 今日はどのようにして幼稚園に来たか(交通手段など)
  • 好きな遊びや食べ物
  • 休みの日の過ごし方


子どもへの質問は、「相手の話をきちんと聞けているか」もチェックポイントなので、元気にはきはき答えられているかだけでなく、先生の質問と答えにずれがないかも大切。何度か予行演習を行っておいたほうがいいでしょう。

受験当日、パパママと子どもの服装はどうする?

面接当日、着ていく洋服は悩みますよね。幼稚園からはかしこまった服装でなくても大丈夫ですよと言われることがありますが、それを鵜呑みにしても良いのでしょうか?

必要以上にかしこまる必要はありませんが、面接は第一印象が大切です。父親はスーツが無難です。母親は父親のスーツと同系色の「きちんと」した服装は印象が良くなります。いずれも清潔な服装であることは言うまでもありません。室内用のスリッパは黒が良いでしょう。靴下の穴やストッキングの伝線にはくれぐれも注意してください。また、資料をもらう可能性が高いので、A4の書類も入る少々大きめのバッグを持っていると安心です。アクセサリー類は派手にならないよう、落ち着いたアイテムを選びましょう。

子どもの服装は、よそ行きの服装を選ぶと失敗が少ないです。友人の結婚式に連れていける程度のきちんとした服装であれば問題ないでしょう。靴下は無地が落ち着いて見えます。汚れが目立つものや、色あせたものは避けた方がベター。両親と子どもの服装に大きな差がないことが重要です。カラーやトーンも揃っていると印象が良いようです。

幼稚園受験のために「塾」は必要?

小学校や中学校の受験と違い、幼稚園の受験は増えているとは言えまだまだ情報が少ないです。事前に幼稚園受験に対する知識を身に着けるためには、塾に通うという選択もあります。

必ずしも、塾に通わなければ受験に通らないわけではありませんが、塾に通うことで情報を効率よく収集することや、お父さん・お母さんが安心感を得られるというメリットがあります。

また、人気のある幼稚園の受験を考えている場合、幼稚園の受験に関する情報は、非公開となっている場合が多いため、塾に通いその幼稚園にあった受験対策・面接対策を行うことが合格への近道となるでしょう。

さらに、幼稚園受験を考えている家庭では、早い時期から塾に通わせているようです。同じ幼稚園に通う可能性のあるご家庭と情報交換することができるのも、塾に通うメリットと言えます。たいてい1年間くらいかけて塾に通い、受験する幼稚園を絞って説明会に参加し、願書を提出した幼稚園に特化した練習をしています。

幼稚園受験向けの塾ってどんなことするの?料金はどのくらい?

幼稚園受験向けの塾ではどのようなことが行われているのでしょう。

まずはヒアリングやカウンセリング

多くの塾では、子どもの個性や志望校に合わせてカリキュラムを作成してくれます。幼稚園を受験したいと考えていても、どの幼稚園に通うことが子どもにとって最適なのか決めかねているパパママもいるかもしれません。そんな場合は、適正テストを通しておすすめの幼稚園を紹介するなどのサービスをしているところもあります。先生たちは受験プロなので、悩んでいることがあれば話してみることをおすすめします。

家での子どもの様子や将来の希望について何度もヒアリングを行い、目標を定めていきます。不安に思っていることがあれば、このタイミングで解消しておくことが良いでしょう。

志望の幼稚園が絞れたら

受験したい幼稚園がある程度絞れて来たら、お子さんと保護者それぞれの受験対策を行います。

まず、お子さんには、受験時に見られる可能性の高い行動観察に関する特訓や、受験する幼稚園に特化したテスト対策、面接の練習などを行っています。また実技で考査されることの多い工作や絵画、手遊びやマット運動なども行います。

保護者へのサポートとして幼稚園を受験することに関する保護者の心構えを解説し、面接の練習、受験を希望する幼稚園の特徴の説明、願書の内容チェックなどを行います。親子のコミュニケーションを円滑に行うためや子供の力を伸ばすことを目的とした、コーチングを身に着けてくれる塾もあります。幼稚園受験で最も大切なのは家庭であるため、家族一体となって受験に臨める環境を提案してくれます。

気になる費用は?

塾に通うための費用相場は、週に1回60分から90分程度、月に4回通う塾の場合で、月々30,000円ほどになります。それ以外に平均50,000円ほどの入塾金が、教材費が必要になります。

幼稚園受験を行うための塾は、無料で体験レッスンを設けている塾が多いので、入塾前に体験し、納得できた塾に通うことが大切です。説明を良く聞いて、家庭の方針にあった塾を選びましょう。

しっかり準備して幼稚園受験を迎えよう!

「幼稚園受験は、親の受験」ともいわれます。子どもには、あまり早いうちから準備をするとプレッシャーになって良くないという説もありますが、一方で、親側の準備は早ければ早いほどいいという人も。希望の幼稚園に入園し、子どもに理想的な教育を受けさせてあげるためにも、しっかりと準備して幼稚園受験に臨みましょう。

幼稚園受験の平均準備期間は、だいたい1年くらいだと言われています。それまでに、子どもの教育方針や幼稚園に望むことなどがパパとママで食い違ったりしないように、夫婦で受験について話し合いを重ねることも大切です。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと10日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと10日!